空港に商業モール?関空・伊丹の未来予想図

運営権売却で関西2空港はどう変わる

海外の空港において、運営権売却で成功しているのがロンドン郊外のルートン空港である。1998年に民間企業連合が運営権を手にした後、空港誘導路の拡張や鉄道駅・駐車場などの整備を進めたほか、チャーター便中心からLCCやビジネスジェットの誘致に成功したことで、年間利用者が15年間で約3倍に増えた。

伊丹が抱える難題

伊丹空港はリニア中央新幹線との競争が懸念される(撮影:尾形文繁)

今回売却される運営権には伊丹空港も含まれているが、こちらは長期的な課題を抱えている。リニア中央新幹線が2027年に品川─名古屋、2045年に名古屋─大阪の開業を予定しているからだ。

現在、伊丹は国内線のみで運用されており、中でも羽田─伊丹線は同空港にとって最大のドル箱路線。リニアが開通すれば、羽田線の減便は確実で、伊丹の利用者減につながりかねない。

この問題の解決モデルとなりそうなのは、ロンドンシティ空港だろう。ロンドン中心部から約10キロメートルという便利な場所に位置しており、世界中から飛行機が集まるヒースロー空港に比べるとターミナルビルがコンパクトで使いやすい。そのため、ビジネスマンを中心に支持されている。

伊丹も今後を見据えれば、利便性を求める乗客にターゲットをシフトすべきだ。伊丹から梅田までは、タクシーを使えば最短約15分で行くことができる。チャーター便やビジネスジェットなどで、カネより時間を重視する利用者に訴求することが重要だ。

関西では、至近距離の中に伊丹・関空・神戸という3つの空港が造られ、かねてから近すぎるがゆえの採算性の悪さが指摘されてきた。神戸空港については、今後も神戸市を中心とした運営が続くが、3空港の関係が正しい方向へ進むためにも、赤字の許されない民間企業が関空・伊丹の運営に参入する意義は大きいだろう。

「週刊東洋経済」2014年8月23日号<8月18日発売>掲載の「核心リポート05」に加筆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。