成田空港、駐車料金"大幅値下げ"の驚愕

羽田の半額!LCCとWin-Winの関係を築けるか

成田空港会社は6月26日に駐車場料金の大幅値下げを発表した(撮影:尾形文繁)

5月27日配信の東洋経済オンラインでも報じたように、かねてから割高な料金が指摘されていた成田国際空港の駐車場。それが7月11日から大幅に値引きされることになった。

対象となるのは、午前0時から午前8時に入庫、もしくは午後10時から翌日午前2時に出庫した場合。6~48時間の利用であれば、現行の半額となる。48時間以上の利用であれば、通常料金から一律2060円が割り引かれる(空港ターミナルに近い第1、第2駐車場の場合)。

さらに、ターミナルから徒歩で5分ほど離れた第3、第5駐車場は、現在1日1540円となっているが、割引サービス適用後は6~24時間の利用で770円、24~48時間であれば1540円という低価格が実現される。ゴールデンウィークやお盆、年末年始など一部の繁忙期は対象外となるが、3日以内の旅行や出張で成田空港を利用する人にとっては朗報だ。

一気に羽田より割安に

これにより、羽田空港(国内線ターミナルで1日1500円)よりも割高だった駐車料金が、一転して羽田よりも割安になる。これまでは、LCC(格安航空会社)利用者が成田まで自家用車で出掛けた場合、せっかく飛行機の運賃を安く抑えられたにもかかわらず、駐車料金が高くつき、結果として移動費用がかさんでしまうことがあった。

次ページLCCも歓迎姿勢
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。