潜水艦計画で過熱する「アジアの軍拡競争」の実態

「AUKUS」が太平洋に広げる危険な波紋

オーストラリア海軍の潜水艦「HMASシーアン」。オーストラリアは先ごろ、アメリカとイギリスから原子力潜水艦を導入することを発表し、波紋を呼んでいる(写真:Leo Baumgartner/Australian Defence Force via The New York Times)

中国が軍事大国へと変貌を遂げる中、インド、ベトナム、シンガポールは防衛予算を拡大し、日本もそうした傾向を強めている。そしてこのほど、アメリカとイギリスの後ろ盾を得たオーストラリアがアジアで中国との軍事競争を加速させたことで、同地域の緊張は新たな局面に突入することになった。

オーストラリアは先日、中国海軍への対抗力を高めるべく、ステルス性能が高く航続距離の長い原子力潜水艦をアメリカとイギリスから導入する契約を交わした。潜水艦の実際の導入はかなり先になる予定だが、アジアの軍拡競争は、それを待たずして過熱するおそれがある。

今回の件を受けて、中国は軍備の近代化を加速させるとみられる。特に、この潜水艦に対抗する技術には力を入れてくるだろう。さらに今回の契約は、アジアにおいてアメリカのバイデン政権が本気で中国の軍事力と対決する決意であることを裏付けるものであり、インドやベトナムなど多額の軍事支出を行っているアジア諸国が独自に軍備拡張を急ぐきっかけとなるかもしれない。

アメリカの対中包囲網に広がる不安

インドネシアやマレーシアのように中立を保とうとしている国々も、周辺地域が不安定化する中、アメリカと中国のどちら側につくのかという板挟みのプレッシャーが強まっている。

「懸念されるのは、悪いタイミングで軍拡競争に火がつく展開だ。この地域には今も、そして将来的にも軍拡競争は必要ない」と元駐米インドネシア大使のディノ・パティ・ジャラル氏は語る。

新たな潜水艦の配備には、少なくともあと10年はかかる。配備計画を受けて地政学的な波紋は急速に広がっているが、中国には周辺国を抱き込んだり、軍事的な対抗措置を計画したりする十分な時間がある。

次ページ日本に近づく1970年代以来の転換点
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT