「何をやっても続かない人」が言いがちな言葉4つ

その口癖がやる気を失わせているかもしれない

④ 「自分のためだけにやろう」

自らの喜びのために仕事をしている人は、「所詮こんなものだ……」「どうせ自分なんて……」と簡単に諦めやすい傾向があります。「自分のためだけ」に行動をしていると、モチベーションの限界がすぐにやってきます。

自分のために頑張る人の多くは、自分が認められたいという気持ちを持っています。ですが、自分が認められないと感じた時点でやる気がなくなってしまうのです。そして、「所詮こんなものだ……」「どうせ自分なんて……」と簡単に諦めやすくなるのです。

そこで重要になるのが「誰かのために」やることです。私がサポートをする平昌五輪金メダリスト髙木菜那選手にも「誰かのために」を強く意識するように指導していました。「金メダルをとる」という目標に加えて、「金メダルをとって誰を喜ばせたいのか?」ということを宣言してもらいました。髙木選手は「両親です」とはっきりと答えてくれました。

ゴールが自分のためだけだと、逆境や壁にぶつかると自己防衛本能が働いて諦めてしまいます。しかし、「喜ばせたい人」がいれば別なのです。自分のためであれば諦めやすくても、誰かのためにと強く思うと、その人を喜ばせようとして粘る力が湧いてきます。喜ばせたい人、笑顔にしたい人を明確にすることが大事です。しっかりと喜ばせたい人をイメージしてみてください。

大事なのは「引きずらない」こと

以上シンプルではありますが、厳選してご紹介させていただきました。

『百年メンタル〜心の調子をキープする言葉の取扱説明書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

目指すのは「セルフメンタルコントロール」です。やる気がずっと続く人はなかなかいません。誰でもやる気や気分が落ちてメンタルが下がってくることはあると思います。そこで大事なのは、引きずらないことです。下がった気持ちをリセットして、前を向いて歩んでいけるかどうかです。

人はいざ動き出そうとするときに、夢ややりたいことが大きければ大きいほど怖気付いたりしてしまうものです。それに、やりたくない課題や宿題は本当にやる気になりませんね。それでも、10やることがあったら、1でも手をつけてみてほしいと思っています。1つでも進めば、メンタルも上昇していきます。自分がやりやすいことから手をつけて、徐々にエンジンをかけていくのもありです。

「やる気は、動きはじめるとでてくる」ということもわかっています。掃除をするまでは面倒くさいけれど、掃除をしてみたら途中から他の場所も掃除したくなってしまう。隅々まで綺麗にしたくなってしまう。そんな経験があるのではないでしょうか。まさに動きはじめるとやる気が出たといういい例ですね。ですから、まずは小さいことでもやってみる。それを大事にしてほしいと思います。とはいえ、最初の一歩こそ難しいというのはわかります。

ですから一人でも多くの方が、普段の言葉遣いを変えて心の調子をキープし、いつでも最初の一歩を踏み出しやすいメンタルにしておく。そうして、日々の生活を前向きに送ることができれば、これほど嬉しいことがありません。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT