堀江貴文「人の仕事なくなる」未来想定の球団設立

プロ野球独立リーグを核とした「地方の時代」創出

会見で「福岡北九州フェニックス」の構想を語る堀江貴文氏(写真:筆者撮影)

堀江貴文氏がオーナーを務める新球団「福岡北九州フェニックス」は、独立リーグ「ヤマエ久野九州アジアプロ野球リーグ」への来季からの参入を認められた。9月17日、北九州市内で記者会見があった。

「まったく何もない中でのスタートになりますので皆さん“本当にあいつはできるのだろうか”とか疑問に思っていると思いますが」

球団代表取締役の河西智之氏(弁護士)が今後のスケジュールについて紹介した後、堀江氏は静かに語り始めた。

堀江氏「これからは地方の時代だ」

今の時代に独立リーグ球団を設立する意味について、「働き方、生き方が大きく変わりつつある現在、リモートワークやDX(デジタルトランスフォーメーション)の進展で『人の仕事』がなくなってしまう。なんとなく会社に来て、なんとなくパソコンの前に向かって時間を過ごすような働き方はなくなり、大量に空き時間ができる。その時間をいかに埋めていくかが大きな課題となる。独立リーグ球団の設立は、その実践の場だ」とした。

堀江氏はすでに自らのオンラインサロンで、3人制バスケットのチームを運営するなど、サロンの仲間とプロスポーツの分野に乗り出している。さらに大きなチームを作ろうと、今回の設立に至ったという。

「ただし日本にはすでにNPBがあるので、ガチなファン以外を取り込むのが大きなテーマとなる。野球が大好きじゃない人が圧倒的な中で、いかに球場に呼びこんだり、ファンになってもらうかが課題だ」(堀江氏)

堀江氏は「これからは地方の時代だ」と断言する。2004年に「仙台ライブドア・フェニックス」という球団名でNPBに参入しようとした時期には、巨人、阪神など大都市圏のセ・リーグのチームが人気だったが、その後、ソフトバンクが福岡でドーム球場、ホテル、プロ野球チームで大人気になったように、地方に本拠を置いたパ・リーグがセ・リーグに肩を並べるようになった。

「仙台なんかで球団つくったって客入るわけねーだろ、パ・リーグみんな赤字じゃねーかよとか、めちゃくちゃ言われましたけど今、どうですか」「当時と比べても今は、SNSの利用が進み、DXが進展しつつある。空き時間がさらに増える中、プロスポーツはまだまだ足りない、球場を核として小回りの利く、新しい施策を打ち出していく」と堀江氏は語る。

次ページ球団の運営資金はどう集める?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT