総裁選「岸田・河野氏の話し方」大解剖、ここが問題

2人から「国民の心に刺さる言葉」は出るのか

殺伐とした時代に、「ぬくもりのある社会を作りたい」という方向性はいいのですが、いかんせん言葉が非常に抽象的で、かなり「ポエム」感が強い印象です。もっと具体的に、「イメージのわく施策」や「ビジョンを魅力的に伝える工夫」が必要でしょう。

Twitterなどでの「瞬発力」「コメント力」なども強みですが、一方で、「記者会見などでの応答がぶっきらぼうに聞こえる」という点でも改良が求められます

質疑応答の答えが、非常に短く、突き放したように取られがち。「質問はなるべく多くの方に答えていただきたいので、複数の質問をしないで」というお願いの仕方も、冷たい感じがしました。

「怜悧に仕事をこなす」という側面の一方で、「人間的温かさ」「親しみやすさ」もアピールしていくことも必要なはずです。

候補者の「話す力」「説得する力」が勝敗を左右する

コロナ禍という未曽有の危機にあって、リーダーに求められるのは、国民の心に寄り添う高い「コミュ力」です。

『日本経済新聞』の世論調査では、新総裁に求める資質のナンバー1として挙がったのは、「国民への説明能力がある」(51%)で、「指導力がある」(49%)を上回りました。いかに、「国民が心に刺さるメッセージに飢えているか」ということを示しています。

そういった意味では、このお二人の説明能力はまだまだ発展途上。特に、「自民党をぶっ壊す」といったインパクトのあるキーメッセージ、「心に残る一言」がないというのも非常に残念です。

今回の総裁選は、派閥や党利党略といったものより、それぞれの候補者の「話す力」「説得する力」の戦いになりそうな様相です。「コミュ力戦争」の行方はどうなるのか。目が離せそうにありません。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT