社員が幸せになれば、業績はついてくる!

ザッポスCEOが追求する「幸せの神髄」

もはやオタクかというほど「幸せ」を追及し続ける、ザッポスCEOのトニー・シェイ(写真は、クリエイティブ集団ブルーマン・グループを自社イベントに招き、共演するトニー・シェイ。出所:Getty Images)

「成功を収めればハッピーになれると思うでしょう。しかし、研究によるとその逆もあるのです。つまり、ハッピーな人はハッピーでない人に比べて、人生のいろいろな局面で成功を収めやすいということです」

こんな言葉が、ザッポスCEOのトニー・シェイのウェブサイトに書かれている。ザッポスは、靴やかばん、服を売るオンラインストア。見事な品ぞろえと価格の安さ、そしてカスタマーサービスの質が高いことが人気で、創業10年後の2009年には売上高は12億ドルに。8億0700万ドルもの額でアマゾンに買収されている。

シェイほど、「ハッピネス(幸福)」についてさまざまな発言をしている企業トップも珍しい。彼のような成功を収めれば、もう十分にハッピーだろうと想像するのだが、まるでハッピネスおたくかと思うほど、シェイはどこでもハッピネスのあり方、ハッピネスの起源、ハッピネスの本質について語り続けている。なぜか。

その理由は、シェイ自身がハッピーでないことを思い知った経験を持つからだ。

自分の会社なのに、出社拒否になりそうに…

シェイは、若い頃から起業精神に富み、かつてリンクエクスチェンジという広告ネットワークの会社を共同創業したことがある。社員が5人とか10人とかいう頃は、会社も仕事も楽しくて仕方がなかったそうだ。1日中仕事をして、いったい今日が何曜日かも忘れ、机の下で眠ったりもした。会社の成長は目覚ましく、友達を雇ったり、友達のそのまた友達を雇ったりして人を増やしていった。

ところが、面白くなくなってきたのは、そうやって雇える友達が足りなくなってからである。外部からいろいろな職に就ける人材を探してきて、面接をしたりして社員を増やしていった。適材適所を心掛けて、この若い企業にもぴったりだと思う人々を加えていった。けれども社員が100人を超える頃から、シェイは出勤するのがつらくなったのだという。 

「毎朝、ベッドから起き上がれない。行き先が自分で作った会社にもかかわらず、です」と、シェイはあるインタビューで語っている。そして、トップである自分がこんな気持ちならば、ほかの社員の心情はいったいどんなものなのだろうと慮った。

次ページ価値感があわないと、報酬を与えて解雇
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。