「盗塁禁止」議論のウラにある"子どもの野球離れ"

「走り放題」が生む小学校野球のワンサイドゲーム

このころの小学校野球大会は、公認野球規則にのっとり「盗塁あり」だった。中等学校や大学の選手、指導者が指導に当たったこともあり、当時の高等小学校の野球も「つなぐ、走る」野球が主流だった。

写真はイメージ(筆者撮影)

広島県呉市は野球どころとして有名だが、昭和初期、呉市中心部の二河小学校に藤村富美男、隣の五番町小学校に鶴岡一人という有望選手が登場した。

藤村も鶴岡も全国大会に出場し、活躍の模様は地元新聞に大きく報じられた。2人はプロでもライバルとなり、ともに野球殿堂入りする大野球人になるが、小学校の野球熱も、甲子園に負けず劣らず盛んだった。

ただ、当時の小学野球は誰もが楽しめるものではなかった。野球チームに入って大人たちの指導を受けることができるのは、体が大きく、運動能力が高い一部の子に限られた。レベルは高く、小学校であっても捕手が盗塁を刺すことが可能で「盗塁」をめぐる駆け引きは重要な戦術となっていた。

一方で、戦前は「草野球」「野球ごっこ」のようなものは、あまり普及しなかった。野球用具やボールは高価だったため、だれもが気楽に手にすることができるものではなかったのだ。

戦後の空き地での「野球ごっこ」

敗戦後、日本を占領したアメリカを中心とする連合国軍総司令部(GHQ)は「野球」を占領政策の柱の一つにした。民政を担当したGHQの経済科学局長だったマーカット少将がアマチュア野球選手だったこともあり、プロ野球を早々に再開させるとともに、少年たちに野球を奨励した。その流れで、「赤バットの川上(哲治)、青バットの大下(弘)」が少年たちのヒーローになったのだ。

子どもたちは空襲で焼け野原になった空き地に集まり、木切れのバットで、紙や布を丸めたボールを打つ「野球ごっこ」を始めた。当初はユニホームもなく、グローブやミットもそろわなかったが、子どもたちは夢中で野球に興じた。

藤子不二雄の漫画を読めばわかるように、戦後の子どもたちは放課後に近所の空き地で「野球ごっこ」をするのが日常だった。極端に言えば「男の子の遊び」と言えば「野球」だったのだ。

戦後盛んになったこうした「野球ごっこ」は、戦前からあった小学野球、中等学校野球とは別の世界だった。子どもたちは指導者に従うのではなく、自分たちでルールを決めた。人数がそろわないと「三角ベース」にすることもあったし、「透明ランナー」を設定したりした。また盗塁阻止は小さな子では難しいので「盗塁禁止ルール」も適宜導入された。

次ページリトルリーグが「盗塁禁止」の理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT