就活や婚活で「年収ばかり重視する人」の盲点

日本人に圧倒的に足りない「会計思考」

ただ、実は私自身は、フェラーリやマセラティを再販価格度外視と「わかっていて」乗り継いでいます。もちろん、YouTubeの再生回数アップにも少しはつながってはいますので「投資」とも考えられますが、再販価格で回収できるほどの効果は見込めません。

むしろ、「好きなものは好き!」という理由で、好きなクルマに乗っていると「もっと仕事をがんばるぞ!」と仕事のモチベーションアップにもつながるため、「わかったうえで」購入しました。

ここのポイントは、「わかったうえで」その道を選択しているか? という点。

人生はすべてが経済合理性だけで回っているわけではありません。仕事のモチベーションもそうですが、幸福度や人生への満足度など、経済合理性だけでは解決しない問題もあります。趣味や好き嫌いなど、非合理的な感情の理由があっていいと私自身は考えています。

会計思考とは「儲かるからOK」「損するからやめる」などと単純に物事に「〇」「×」をつけるのではなく、経済合理性にプラスして、人々の状況や趣味嗜好を組みあわせ、選択の幅を広げてくれる考え方ともいえます。多様性が大切にされる現代には、もってこいの思考法ではないでしょうか。

婚活でも「ストック」と「のれん」が重要

話を恋活・婚活に移しましょう。

婚活市場では、「年収は600万円以上」を相手に希望する人もいるようですが、ここでも会計思考が役立ちます。相手の内実はもちろん重要ですが、本当の財務状態を知りたいなら、P/L(1年の収入=フロー)よりも、B/S(財産=ストック)を見るべきです。

年収1000万円でも、ローンでアレコレ買ってしまう、借金まみれの人もいますよね。貯金だってゼロかもしれません。

逆に年収400万円だけど「一生食っていけるスキルを持っている」とか、「人脈が豊かで、有力者とのすごいパイプを持っている」とか、「実家が資産家」かも。あるいは、「一緒に生活しても、気持ちよく暮らせる人柄の持ち主」かもしれません。

たまにニュースなどでも出てくる「のれん」という会計用語があります。これは、「目に見えない、数字にできない潜在的な価値」という意味で使われるのですが、じつは実生活においても、とても重要な概念です。上記の「スキル」「人脈」「資産」「人柄」などは目に見えませんが、お金を生み出すかもしれない大きな価値と言えます。

次ページ物事の「ウラ」を見るには
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT