渚カヲルが何者か掴めない人に知ってほしい視点

碇シンジをめぐる3人の父たちは何を象徴するか

ゲンドウの乗る13号機とシンジの乗る初号機は、対照的な動きをする。13号機は「絶望」であり初号機は「希望」である。それが「同じ」だというのは、どういうことなのだろうか。

絶望でも希望でもなく

本作には槍が複数出てくる。ロンギヌスは「絶望」の槍だと説明され、カシウスは「希望」の槍だと言われる。だが最終的に使われるのはガイウスで、「ありのまま」の槍であり、人類の知恵と意志が作り出したものだ。それはミサトたちが作り、マリが持っていってシンジに渡し、ファイナルインパクトが起こる。「絶望」と「希望」ではなく、「大地」を連想させる響きの名の槍が選ばれ、世界を変えたり時間を戻すのではなく、「ありのまま」「自然」を残すことをシンジは選択する。

ミサトたちは「神に屈した絶望のリセット」ではなく「希望のコンティニューを望む」と言い、「人の思いでは何も変わらんさ」というゲンドウの絶望と対比されていた。なぜ、希望がダメなのかについては、冬月が説明している。「希望という病に縋る」のも人類だからだ。希望を、アニメや理想社会の実現と言い換えてもいいだろう。この3つの槍の差は、前述の3種類の「父性」の違いにも相当している。

『シン・エヴァンゲリオン論』(河出書房新社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

どちらも拒否し、自然やありのままを肯定するという思想あってこその第3村であり、結末における実写パートである。

結末で、映画は、突然、実写背景になり、庵野秀明の故郷にある宇部新川駅が現れる。大人になったシンジとマリは、どうも付き合っているらしいイチャイチャした絡みを見せた後に、階段を駆け上がり、駅から外に出ていく。画面は空中からそれを撮影し、街の全景を映していく。レールから外れ、自由になり、開かれた外の世界、現実世界に出ていこうというメッセージであろうか。

「現実に帰れ」というメッセージはTV版、『EOE』と変わっていないが、より優しくなり、世界を終わらせるのではなく、この繊細で壊れやすい世界と生命を大事にするというメッセージが付け加わっているのが大きな変化だ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT