渚カヲルが何者か掴めない人に知ってほしい視点

碇シンジをめぐる3人の父たちは何を象徴するか

このような、父と母との象徴性について、『スキゾ・エヴァンゲリオン』(1997)で庵野秀明はこう説明していた。

「(村上龍『愛と幻想のファシズム』は)エディプス・コンプレックスの話ですけれど、僕もこれ(『エヴァ』)をスタートする時同じだなと思った」「ロボット──ということで置き換えることはしたけれど、オリジナルな母親はロボットで、同年代の母親として綾波レイが横にいる。実際の父親も横にいる。全体の流れをつかさどるアダムがもう1人の父としてそこにいるんです。そういう多重構造の中でのエディプス・コンプレックスなんですよ。やりたいのはそこだった」(p86)

アダムは「もう一人の父」である。新劇場版で、カヲルは第1の使徒と設定されており、アダムだとは断言できないが、それに近い存在だろうと推測させられる。

『シン・』で、シンジは「カヲルくんは父さんと似ているんだ。だから、同じエヴァに乗っていたんだね」と言う。ゲンドウにはピアノが好きという設定が新たに加えられている。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』での2人の連弾のシーンを思い出してもいいだろう。そしてカヲルとゲンドウは、同じ13号機を操縦している。

理想的な「母」と理想的な「父」

だから、「渚司令」とは、ゲンドウとカヲルの重ね合わせを示唆するためのシーンだと理解するのが良いのではないか。

綾波レイが14歳の姿をとった理想的「母」の役割だったのと同じように、カヲルは理想的な「父」なのである。本人を幸せにするために、メタ視点から世界を見下ろし、アドバイスし、手助けする役割を新劇場版4部作でのカヲルは担っている。

「人類補完計画」に夢中なゲンドウにはなかった、ポジティヴな父性を表現する役割が、加持とカヲルに担わされている。3人の「父」において、ゲンドウは絶望を象徴し、カヲルは超越的な視線としてシンジを見守る希望を象徴し、加持は地上の生命を生かすために這いずり回るという対比がある。

『エヴァ』世界は、このような「多重のエディプス・コンプレックス」構造を、象徴も含めた様々なレベルで繰り広げている。とすれば、『シン・』が様々なレベルで家族や親子、生命や継承の主題を描いているのは、TV版からの必然であったと理解することもできる。

次ページ13号機と初号機の対照的な動き
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT