「ジュラシックパーク」主役決定までのドタバタ劇

ハリソン・フォードが主役を演じた可能性も

本日放映される映画『ジュラシック・パーク』その意外な裏話とは?(写真:Murray Close/Getty)

本日21時から金曜ロードショーで映画『ジュラシック・パーク』が放映される。1993年に公開された本作は全世界で9億1200万ドルを売り上げ、当時の史上最高記録を打ち立てた。その前に記録を保持していたのは、スティーブン・スピルバーグが監督した『E.T.』である。

これだけの大ヒット作になったのも当然だろう。公開時のインタビューでどんな映画になるのかと聞かれたスピルバーグは、「とにかく子供たちを怖がらせる映画」と言っていたが、まさにそのとおり。最初の1時間は比較的静かなのだが、後半は恐竜が迫ってくるシーンの連続で、最後の最後までハラハラさせられるのだ。

「原作出版前」から目をつけていたスピルバーグ

実はスピルバーグがストーリーについて知ったのは、マイケル・クライトンが原作小説を出版する前のこと。クライトンが企画、スピルバーグが製作総指揮を務めるテレビドラマ『ER 緊急救命室』について話し合っている際、クライトンが執筆中の小説について教えてくれたのだ。

その時からスピルバーグは魅了された。一方で、大昔に絶滅したはずの恐竜を科学の力で再び現代によみがえらせ、彼らを集めたテーマパークが作られるというストーリーには、スピルバーグ以外のハリウッド関係者も大きく注目する。

しかし、クライトンは誰が一番高い値段をオファーしてくるか競争させることを好まなかった。エージェントに一定の料金を決めさせ、希望者からの売り込みを聞くことに決めた。莫大な権利料を得るよりも、映画化を本当に実現させてくれる人たちに任せることを重視したのだ。

彼のエージェントが提示した額は150万ドル。今日の換算レートだと1億5000万円以上の相当な額。それでもワーナー・ブラザースはティム・バートンのために、トライスターとグーバー=ピーターズ・エンターテインメントはリチャード・ドナーのために、20世紀フォックスはジョー・ダンテのために、この作品を買おうとした。

スピルバーグのために権利を買おうとしていたユニバーサルは、そんな激しい競争を勝ち抜いて選ばれたのである。

次ページ主役決定までのドタバタ劇
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT