「ジュラシックパーク」主役決定までのドタバタ劇

ハリソン・フォードが主役を演じた可能性も

ほかにもティム・ロビンスやケビン・コスナー、デニス・クエイドなどが候補に上がったという。紆余曲折ありながらもサム・ニールに主役が決まったのは、撮影開始まで3〜4週間前のこと。

主役を演じたサム・ニール(写真:Universal Pictures/Getty)

ちなみにジェフ・ゴールドブラムが演じたイアン・マルコム博士役のオーディションには、実はジム・キャリーも参加したそう。彼ならあの役をどう演じたのか、つい想像をめぐらせてしまう。

本当は「シンドラーのリスト」が本命だった?

ところで当時、スピルバーグには本作とは別にどうしても作りたい映画があった。それは『シンドラーのリスト』だ。

ホロコーストという難しい題材を扱うシリアスでR指定の映画は、当時ですらスタジオが喜んで作りがる映画ではなかった。実はユニバーサルは利益の見込めそうな娯楽作『ジュラシックパーク』を先に作ってくれたら、『シンドラーのリスト』も作っていいとスピルバーグに約束。そうして彼は『ジュラシック・パーク』の製作中、ヨーロッパで『シンドラーのリスト』を撮影することになった。

1993年に公開された両作品。『ジュラシックパーク』は前述したように歴史的な興行成績を達成、『シンドラーのリスト』はアカデミー賞7部門に選ばれるという快挙を成し遂げた。

『ジュラシックパーク』の製作費が推定6300万ドルに対し、『シンドラーのリスト』はその3分の1の2200万ドル。それにも関わらず、3億ドル以上の売り上げだったので商業的にも大成功だ。

興味深いことに、スピルバーグは当初『シンドラーのリスト』を自分で監督する自信がなかったという。そこでマーティン・スコセッシやロマン・ポランスキーに監督しないかと聞いてまわるも、スコセッシから「自分でやるべきだ」と背中を押され、決断したそうだ。結果、スピルバーグ初のアカデミー賞監督賞受賞につながったのだから、スコセッシの功績は大きい。

『ジュラシック・パーク』に話を戻すと、現在、新三部作『ジュラシック・ワールド』の最終章『Jurassic World: Dominion』が製作中だ。

新三部作でのスピルバーグの肩書は、製作総指揮。最新作はコロナの影響で何度か撮影中止になるなど苦労も多く、ようやくポストプロダクション(編集工程)にたどり着いた。

最新作にはニール、ローラ・ダーン、BD・ウォンが復帰。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で姿をみせたゴールドブラムも本格的に出演する。最新作が公開されるまでにはまだ1年あるものの、金曜ロードショーで1作目が放映されるこの機会に改めてを見直してみるのはいかがだろうか。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT