「名前も知らない会社」を嫌がる人の深層心理

大手企業から転職したい気持ちはあるが…

新卒で大手企業に就職したという方からの相談です(写真:takeuchi masato/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

新卒で大手企業に就職しました。毎日ほとんど同じことの繰り返しで、定時には上がれていますが、上司や次長などを見ても、代わり映えしない仕事をしています。
このままでは、将来的にまったく使えない人間になってしまいそうで不安です。
しかし、転職をしようと思っても、これと言った軸がありません。ただもっとスキルが欲しい、能力が欲しいと思う毎日で、動き方がわかりません。
そのうえ、わがままですが、大手なりの待遇(住宅補助・交通費・資格取得支援など)があり、そこに甘えているのも事実です。
転職サイトも登録し、面談もしましたが、名前も知らない会社に入社するのに勇気が必要で、辞める決断もできません。どうすればいいのでしょうか。
輸入業務 飛行機太郎

世の中は「名前も知らない会社」だらけ

働くうえでご自身が何を一番重要視するのかをキチンと整理し、キャリア形成におけるご自身の明確な行動指針や志を持ったうえで、どう行動すべきかを考えましょう。

この連載の記事一覧はこちら

「名前も知らない会社」に転職する勇気がない、と書かれていますが、実際問題世の中には名前も知らない会社だらけだと思います。むしろ知っている会社のほうが少ないでしょう。

飛行機太郎さんが本当に恐れているのは、無名の会社に勤務することではなくて、自分がわからないことへの恐怖だと思います。

自分のキャリア観がわからない、自分がどこまでできるかがわからない、現在の自分のポジションも将来の可能性もよくわからないし、今何をしたらいいかもわからない。

そういった自分への理解不足が行動の欠如につながっているのでしょう。
おそらくですが、このままではいつまでたっても「何となくの不満」を抱えたまま何も変わりません。

次ページなぜなのか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT