雨上がりの解散が「リアリティショー」化した理由

破天荒な芸人より「モラリスト」が選ばれる時代

報告会後、それぞれメッセージを発信する宮迫博之と蛍原徹(写真左:YouTubeチャンネル宮迫ですッ!「昨日のアメトーーク!を終えて、お伝えしたいことがあります。」 写真右:アメトーーク!CLUB「解散報告会収録直後... 皆様へメッセージ」

お笑いコンビ・雨上がり決死隊が8月17日に解散を発表。それを受けて同日、『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊 解散報告会』がネットで配信された。

番組というかたちをとってこうした類いの報告がおこなわれるケースは、あまり記憶にない。そこには、いまの時代ならではの芸人のあり方も垣間見える。今回は、2人の解散劇から「芸人といまの世の中の関係」を考えてみよう。

まずは「報告会」短く振り返り

配信動画は、MC席に雨上がり決死隊の2人が座り、その対面に東野幸治、出川哲朗、ケンドーコバヤシ、狩野英孝、そしてFUJIWARAが座るという、ふだんの『アメトーーク!』の番組そのままの形式で進められた。内容的にも、コンビ解散というシリアスな話がメインであるにもかかわらず、随所に笑いを盛り込んだものになっていた。

約1時間50分にわたって2人からの解散の報告と出演者全員でのやり取りがおこなわれるなか、とりわけ印象的だったのは、「ホトちゃん」こと蛍原徹からにじみ出る決意の固さだったように思う。それは、FUJIWARA・原西孝幸が評したように、「むちゃくちゃ頑固」という人柄の表れでもあっただろう。

雨上がり決死隊の2人が番組で語ったところでは、解散を言い出したのは蛍原のほうだった。2019年6月に宮迫博之の闇営業が発覚してからの一連の騒動の結果、コンビでの活動が休止状態になってしまう。だがそれでも、蛍原徹は2人が揃って活動できる時を粘り強く待つつもりだった。ところが、2020年1月に宮迫が単独でYouTubeでの活動を開始。そのタイミングや経緯に蛍原は、気持ちのずれを感じるようになった。後になって宮迫も自分の過ちを全面的に認めたが、結局一度できた溝は埋まらなかった。

もちろん蛍原も、ただ宮迫を突き放していたわけではない。若手時代からの仲間で、解散がいまだに信じられないと号泣するFUJIWARAの藤本敏史(フジモン)に対し、蛍原がふと漏らした「フジモンみたいに1年半泣いてたんで」という一言は、彼がずっと抱えていた人知れぬ苦悩の重さを感じさせるものだった。

次ページ芸人が「生き様」を見せる時代になった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT