雨上がりの解散が「リアリティショー」化した理由

破天荒な芸人より「モラリスト」が選ばれる時代

したがって、雨上がり決死隊の二人が素の自分を見せなければならない「解散報告」の場として、まさに『アメトーーク!』は相応しかったと言える。芸人にも人生があり、そのなかで難しい決断をしなければならないこともある。そんな現場の空気感のようなものを、私たちは今回の配信で垣間見ることができた。

もちろん、32年ものあいだともに歩んできた相方とのコンビを解散しなければならないのは互いに辛いことだろうし、応援してきたファンにとっても同様だろう。だがそれだけの年月のあいだには、なにかのきっかけで関係性が変わることもある。そこでその関係性をどうするかは、当事者次第だ。関係性が続いていくならばそれに越したことはないだろうが、解消すること自体が間違っているわけではない。

そして繰り返しになるが、いまの時代、私たち視聴者はバラエティ番組のなかでそんな芸人の姿を見届けることができる。

だからこそ、コンビのなかではサポート役に徹していたように見えた蛍原徹が、解散に関しては自ら先に決断していたという事実を私たちは知ることができたし、語弊があるかもしれないが、その経緯について言葉を選びながら誠実に語る彼の姿は感動的でもあった。そこには、普段の「ホトちゃん」には見られなかった素の表情があった。

一方宮迫博之が、東野幸治らから「また演じている」と厳しくツッコまれるくらい何度か感極まって言葉を詰まらせながらも、機会をとらえては笑いに持っていこうとする姿は、いつもの彼らしいものだった。そこには、芸人として、真情を吐露することをあえて抑えようとしている様子がうかがえたと言ったら穿ち過ぎだろうか。

芸人にとっては善か悪か?

こうして生き様を見せなければならない「リアリティショー」の時代が、芸人にとって好ましいものであるかどうかはわからない。

SNSの普及によって、視聴者の声も直接届くようになった。今回の配信でも、数多くのコメントが書き込まれていた。そのなかには、ポジティブなものだけでなくネガティブなものもあった。芸人は、いままでになく尊敬されるようになった一方で、そうした不特定多数の声にもさらされなければならない。そしてその結果、世間によって消費されてしまうリスクとも、闘わなければならない。

ただいずれにしても、「解散」という決断をした雨上がり決死隊の2人は、それぞれの道を行くことになった。彼らにとって、これからの未来がいっそう充実したものになることを願うばかりだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT