シャープ片山氏引き抜く電産・永守氏の腹案

人格、人脈以外にあったカリスマの目の付け所

かつてはシャープの「プリンス」と呼ばれたが、現在は経営の一線から退いている(写真は2009年の経営戦略説明会 撮影:風間仁一郎)

「一昨年の『シャープ解体』報道に匹敵する驚きでしたよ」。

シャープ社員がそう話すのは、8月5日に発表された日本電産の役員人事である。

日本電産は10月1日付の人事で、永守重信社長(69)が新設の会長職を兼任し、新設する副会長職に、シャープ元社長の片山幹雄氏(56)を迎え入れることを発表した。片山氏は、新設される最高技術責任者(CTO)にも就任する。

現在、経営にはノータッチ

片山氏と言えば、49歳の若さで社長に抜擢された、かつてのシャープの「プリンス」。しかし、液晶パネルの大増産を指揮し、その後の経営危機を招いたとして社内では、いまだに経営責任を問う声が残っている。同氏は2012年に社長職、13年には会長職を退いており、現在フェローとして、奈良・天理工場で研究開発に勤しむ一方、経営にはノータッチを貫いている。

そんな片山氏をスカウトしたのが、日本電産の永守社長だ。永守氏と言えば、モーター分野で1兆円規模の企業を一代で築いた名物経営者。もうすぐ古希を迎えるが、今も成長への欲望は衰えず、「売上高10兆円目標」を公言している。

次ページ両者の“接点”とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。