シャープ片山氏引き抜く電産・永守氏の腹案

人格、人脈以外にあったカリスマの目の付け所

日本電産の永守社長は今月28日で70歳。近年はマネジメント層の強化に腐心している(撮影:今井康一)

永守氏が売上高10兆円に向けたカギとして挙げていたのが、「人材」である。日本電産は永守氏が一代で築き上げたため、マネジメント層の不足が課題だった。

そのため、日産自動車のグループ会社社長だった呉文精氏を副社長にスカウトし、最高執行責任者(COO)を委ねるなど、外部人材を積極的に登用。自身が務める最高経営責任者(CEO)と、呉氏のCOOに次ぐ、CTOの人材として目を付けたのが片山氏だった。

 シャープ歴代トップと懇意

日本電産はモーターの会社であり、片山氏は液晶の技術者。一見無関係のようにも思えるが、接点はあった。シャープは日本電産にとって「超重要な顧客の1社」(日本電産関係者)。実際、シャープ家電には日本電産製のモーターが数多く使われており、その取引の関係で、「永守社長はシャープの歴代トップと親しかった」(同)という。日本電産は今後、モーターの周辺分野に事業を拡大し、車載向けなどへの供給を増やす意向。「(片山氏には)いろんな分野で知見を活かしていただける」(同)と期待は高い。

片山氏にとっても、経営責任論がいまだくすぶるシャープに残るより、新天地に移ることで、ゼロから再出発できるメリットがある。すでに過去の人物になりつつあった片山氏だが、表舞台に返り咲き、どんな動きを見せるのか。目が離せない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。