永守社長が狙うのはロボットか、EVか?

日本電産が株主総会で明かしたモーター後の姿

総会後の会見で永守社長は「キーコンポを大量に使う分野がいい」と語った

6月18日、京都リーガロイヤルホテルで開かれた、日本電産の株主総会。総会では、永守重信社長が「私の最終目標は売上高10兆円」(13年度は8751億円)と、かねてから公言していた野望を株主の前で宣言。その目標に向けて、「売上高2兆~3兆円までは(従来の)部品で稼ぐが、それ以降は完成品に出ていく」と、消費者向け商品への意欲を示した。

 永守社長が一代で築き上げたのが日本電産だ。創業時から今に至るまで、事業の軸は「モーター」で一貫している。2000年代半ばまで、売上高の過半はパソコン向けHDD用精密小型モーターだった。その後、パソコン市場が急激に縮小し、経営資源を一気に「車載・家電・商業・産業用」モーターへとシフト。その成果で、13年度の業績はV字回復を果たしたが、事業の軸はモーターで変わらない。その点、日本電産は典型的な部品メーカーといえるだろう。

脱・部品メーカーになる日?

しかし、永守社長は将来的な“脱・部品メーカー”、すなわち消費者向け製品への進出を公言してはばからない。18日の総会でも、株主から「消費者向けに最終製品をつくる計画があるのか」と問われ、永守社長はこう返答した。「松下もソニーも、大きくなった会社は、部品から出発している。会社のブランド名を示すためにも、部品だと分かりにくいので、完成品のところへ出ていきたい」。

 ただ、永守社長がいう「完成品」が何を指すのかについて、「社内でもまだ誰も聞いていない。おそらく永守社長の頭の中だけにある」(同社関係者)というのも確か。総会後の会見で、永守社長に直撃した。

次ページ2つの「モーターの塊」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT