手術する物資もない「ハイチ」大地震後の惨状

栄養不足や貧困が一段と深刻化する可能性

ハイチ西部レカイ市では多くの人が地震の犠牲となったが、病院の倒壊や物資不足のためにけがの治療もままならない状態にある(写真:Valerie Baeriswyl/The New York Times)

骨折や外傷を負った患者たちが、損壊した病院に、あるいは無料のフライトを求めて空港へ押しかけている。数少ない医師は臨時に作った手術室で働き続けている。元上院議員は、自身の7人乗りプロペラ機を使って、最も緊急性の高い患者を首都の救急医療施設へと運ぶーー。

ハイチ西部で発生したマグニチュード7.2の地震で、少なくとも1300人が死亡し、数千人が負傷した翌日の8月15日、レカイ市の主要空港には80マイル(約128キロ)東の首都ポルトープランスに愛する人を避難させようとする人々が殺到した。

物資が足りず、負傷者の手術ができない

選択肢はあまりない。100万人が暮らす地域で対応できる医師はわずか数十人で、地震の余波が一層悲惨なものになりつつあるのだ。

「あそこの外科医は私1人だ」と整形外科医のエドワード・デスティン医師は、レカイ空港近くに設置されたトタン屋根の臨時手術室に向かって合図した。「今日は10人を手術したいが、物資がない」と同医師は述べ、点滴や最も基本的な抗生物質までもが至急必要であると話す。

この地震は、ハイチを震撼させる最新の災害となった。ハイチは、いまだに推定25万人が死亡した2010年の地震の影響の中にある。 14日の地震は、ハイチのジョブネル・モイーズ大統領暗殺から約5週間後に発生。この暗殺は深刻な貧困と、ギャングの暴力行為の蔓延ですでに苦しむ国を指導者不在の国にしてしまった。

ハイチ当局は、数十万人への援助の配布が遅れて死者数が増加した2010年の混乱に留意し、地震への対応を調整するために奮闘していた。

アリエル・アンリ首相は15日の会見で、ポルトープランスのオペレーションセンターの1つが援助活動を調整することで、「2010年に行った活動よりも適切な対応をする」と誓った。

次ページ子どもたちを通わせる学校もなくなってしまった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT