『セックス・アンド・ザ・シティ2』--女優もビジネスも“個性”こそ大事《宿輪純一のシネマ経済学》

『セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and the City)』は、もともとはアメリカのケーブルテレビ局HBO制作のテレビドラマ。1998年から2004年にかけて、全6シーズン放送された。日本で出版された書籍の題名が『セックスとニューヨーク』となんとも印象的な題名だったのを覚えている。

ニューヨーク・マンハッタンを舞台にして、仕事と、それ以上に恋愛と友情に生きる4人の女性の奮闘ぶりを描く。あけすけなエッチな本音を大胆に述べることもそうであるが、本当は愛を求め人生の意味を考えていること、そして、友情を大切していることが受けた。筆者の周りでもそうであったが、世界中の女性たち、(映画では主人公たちは40代となっていたが)同年輩の女性を熱狂させている。

出演するのは『SEX and the CITY』というコラムを連載するコラムニストで、恋愛至上主義のキャリー、ギャラリー勤務で、純愛主義のシャーロット、弁護士で男勝りのミランダ、PR会社社長で、男性に対して最も積極的なサマンサといった個性的な4人組。筆者の周りでは、女性ではミランダが、男性ではサマンサが好きな人が多いのが興味深い。

本作は続編だ。いろいろあったが幸せをつかんだキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)をはじめ、例によっていろいろとトラブルを抱えていた。そんな中、サマンサの仕事の関係もあり、中東のアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビに4人で旅行に出掛ける。そこで、お約束であるが、なぜか!中東で!偶然に!昔の彼に出会って一波乱が……。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT