40代で花開く、新しいキャリアがある!

イケア泉川さんの”奇想天外”なキャリアに学ぶ

自分の思いと、どれだけ真摯に向き合えるか

「何度も言いますが、最終的に企業をよくするのも悪くするのも『人』なのです。そして、会社は徹底的に真摯に人と向き合うことが最重要事項です。そして、イケアはそれを愚直にやったからこそ、残れたのだと思うのです」

そして、泉川さんは、個人個人が、自分の望みの仕事、キャリアを得られるかどうかも、最終的には「その人次第」だと語る。

「私は、20代で最初の職に挫折して心が折れた。でも、今から思えばそれがよかったのだと思います。なぜって、自分は何を大切にして生きていきたいのか、何がモチベーションなのか、真剣に、自分と向き合って考えましたから。

そして、自分の価値観とはどんな価値観なのかがわかったからこそ、巡り巡って、価値観が合う会社に出会うことができたのだと思います」

これまで筆者は、「すべてはお客様のために」だとか「夢を大切にする」といった大仰な会社のビジョンや理念は、企業が営利を追求するという性質上、うそくさくて欺瞞の臭いがして、どうにも信用ならず、好きではなかった。

また、青春時代を過ぎてから、自分の大切なことは何か? モチベーションはといった価値観について、しばし、考えてもみなかった。

でも、泉川さんの話を聞いて、あらためて思うのだ。

自分が快適に幸せを感じながら仕事をできているときとは、なるほど、自分と価値観の合う人と仕事をしているときにほかならないな、と。

そして、それは仕事の内容以上に、重要だ、と。

今度、まだまだ続く職業人生を少しでもよくするために、あらためて、自分が仕事をするうえで大切にしたいことは何か?といった青臭いともいえる根源的な問いを、自分に投げかけてみること。そんなことも、もしかしたら必要かもしれない。

(撮影:梅谷秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT