40代で花開く、新しいキャリアがある!

イケア泉川さんの”奇想天外”なキャリアに学ぶ

40代半ばで、未経験の新店の店長に!

そして驚くことに、2008年には、人事部長である泉川さん自身が新三郷店のストアマネジャー(店長)に就任した。現場と人事サイドの意識の乖離を防ぐため、さらには新しい仕事に挑戦して成長したいとの思いからだった。

「450人の従業員を抱える店長と人事部長の仕事はあまりに違うため、普通、こんな異動はさせませんよね。でも、『アナタの可能性を信じるのでやってみろ』と言ってしまうのがイケアの面白いところ。それで、店長職に挑戦してみたら、これが面白かったー!」

事業用地を購入するところから携わり、従業員の採用、教育、オペレーションから売り上げの管理、すべてを任されたそうだ。

「これまた面白いことに、お店が建って、イケアの従業員が最初にすることは、自分たちのオフィス家具の組み立てなんですよ(笑)。そりゃあもうすごい数の家具を組み立てますから、大変なんてものじゃない。でもね。それがいいの。『同じ釜の飯を食う』じゃないけれど『同じ家具を組み立てた』者同士は仲良くなるからね。その後、同じ価値観を共有していくうえでも有効なのです」

後に、イケア・ジャパンの人事部長に復帰した後も、このときの「店長経験」は人事戦略を策定するうえで、たいへんに役立ったと言う。

「店長をやってみて、人はこの会社に勤めてよかった、うれしいという機会があればあるほど育つことを実感しました。そして、人事や管理職は、その機会を増やすことだと痛感したのです」

従業員がこの会社に勤めてよかったと思える機会を増やすため、イケア・ジャパンの管理職は部下の「アナタのここがダメだね」と指摘することは基本、しないそうだ。

「個人の改善すべきポイントは、あなたのグッドポイントはここだねと伝えたうえで、インプルーブメント・ポイントはここという伝え方をします」

さらに、従業員と会社の価値観のズレを防ぐため、そして、従業員のキャリアを向上させるため、今では1300人を超えるパートタイマーを含めた全従業員の「キャリア・ディベロップメント面談」も、毎年1回、2時間以上みっちり行うように徹底していると言う。

次ページ望みの仕事を得られるかは、その人次第
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT