24時間テレビがダウンタウンに与えた大きな影響 その後、文筆業やドラマなど活躍の場が広がる

拡大
縮小

こうしてダウンタウンの存在は、コアなお笑い好きだけでなく、広く世間にも知られるようになった。それとともに2人の活動の場は、お笑い番組やバラエティ以外にも広がっていった。松本人志のエッセイ集『遺書』(1994年9月)は250万部を売り上げる大ベストセラーとなり、浜田雅功は役者として『人生は上々だ』(TBSテレビ系、1995年放送)、『竜馬におまかせ!』(日本テレビ系、1996年放送)などのドラマで主演を務めるようになった。

『すべてはタモリ、たけし、さんまから始まった』(ちくま新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

こうしたなかで、音楽番組『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)(以下、『HEY!×3』と表記)がスタートした。1994年のことである。ダウンタウンが音楽番組のMCを担当するという意外性で話題になったが、この番組が興味深かったのは、そこにダウンタウンを中心にした「笑いの共有関係」が生まれ始めていたことである。

『HEY!×3』は音楽番組であるにもかかわらず、ダウンタウンとゲストのフリートークを前面に押し出したという点で画期的だった。

従来の音楽番組は、トークがあってもごく短いもので、当然ながらゲストの歌や演奏を聴かせることがメインだった。『HEY!×3』はその構図を逆転させたのである。それができたのは、卓抜したフリートークの力がダウンタウンにあったからだった。

T.M.Revolution(西川貴教)のように、ダウンタウンに対して一歩も引かずにトークで渡り合い、評判になるミュージシャンも出てきた。小室哲哉がゲストの際には、トークのなかで浜田が「曲をプロデュースしてほしい」と頼んだのがきっかけで、2人のユニットであるH Jungle with tが誕生し、そのデビュー曲『WOW WAR TONIGHT』(1995年発売)はダブルミリオンを売り上げる大ヒットとなった。浜田はこの年の『NHK紅白歌合戦』にこの曲で出場し、歌唱中に松本が乱入したことも話題になった。

浜田に「ツッコまれたい」ミュージシャンたち

『HEY!×3』における「笑いの共有関係」という点で最も象徴的だったのは、次のような光景だった。ゲスト出演した歌手やミュージシャンが、ダウンタウンとトークをする。すると、そのゲストはわざとボケて、浜田にツッコまれようとする。念願かなって、頭を叩かれるなどしてツッコまれると、当人は喜んでガッツポーズ。そういう光景が繰り返されたのである。

言うまでもなく歌手やミュージシャンは、お笑いに関しては素人である。その意味ではテレビの前の視聴者と何も変わらない。そんな彼らが、浜田にツッコまれることを切望する。そこには明らかに、ダウンタウンを中心にした「笑いの共有関係」に参加したいという欲望を見て取れる。

こうした現象は、ダウンタウンの笑いがスタンダードとなりつつあったことを如実に表している。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT