24時間テレビがダウンタウンに与えた大きな影響

その後、文筆業やドラマなど活躍の場が広がる

(写真:zon / PIXTA)
今なお「お笑いの中心的存在」で在り続けるタモリ、たけし、さんまのビッグ3、先鋭的な笑いを追求して90年代に台頭したダウンタウン、M‐1グランプリから生まれた新潮流、そして「お笑い第7世代」……。
新著『すべてはタモリ、たけし、さんまから始まった』では、日本社会の「笑い」の変容と現在地を鋭く描き出しています。
本稿は同書より一部を抜粋・編集しお届けします。

ダウンタウンに「異例のオファー」

1992年、それまでのダウンタウンの芸風からすると、異例というべきオファーが舞い込んだ。日本テレビのチャリティ番組『24時間テレビ』のメインパーソナリティ就任の依頼である。

毎年夏に放送される『24時間テレビ』は、実はその頃、存続の危機にあった。1978年に始まった『24時間テレビ』は、チャリティを前面に押し出し、24時間にわたって生放送するという、当時としては画期的なイベント性もあって、その年の平均視聴率は15・6%を記録。「寝たきり老人にお風呂を!身障者にリフト付きバスと車椅子を!」というテーマを掲げ、募金額は予想を上回る約11億9000万円に達した。

この成果を受け、1年限りの予定だった『24時間テレビ』は、毎年恒例となっていく。だが、それ以降は視聴率も下降気味で、とうとう91年には平均視聴率6・6%まで落ち込んでいた。

こうした状況を受けて1992年、第15回の放送に際して、番組スタッフは大幅な軌道修正を図った。チャリティの主旨に忠実で真面目なものから、エンタメ性をより重視したものへと方針転換したのである。歌と音楽を前面に押し出し(このとき、エンディング曲として毎回歌われる「サライ」が、テーマソングとして作られている)、いまやお馴染みのチャリティマラソンも始まった。

次ページエンタメ路線の一環でダウンタウンを起用
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT