アルフィー、「アナログ力」で次の10年も進化

顧客と仕事仲間をとことん大事にしていこう

高見沢モデルのギターを多数、展示販売している楽器店・ESP渋谷店

また、こだわりと言えば外せないのが高見沢のギターだ。高見沢は1回のコンサートでかなりの本数のギターを使用。1曲ごとに持ち替えるときもあり、バックステージには使用しないものも含めて、常時、数十本のギターが待機している。

高見沢が現在、所有するギターは約500本。町のちょっとした楽器屋よりも多い。種類はレアなビンテージものから、高見沢の代名詞とも言える「変形ギター」まで。ファンの間では、天使をモチーフにした「エンジェルギター」シリーズが知られるが、アニメに楽曲を提供した際はそのキャラクターの形を模したギターも必ず作り、ウルトラマンやドラえもん、ドナルド・ダック、ヤッターマンのギターもある。

もちろん、各楽曲に合わせたサウンドやイメージ上のこだわりなのだろうが、ファンにとっては高見沢のいろいろなギターを見るのは楽しみのひとつ。おそらく、ファンを喜ばせる狙いもあるに違いない。

ギター、お笑い、すべては客を楽しませるため

アルフィーのコンサートは、いかにしてお客さんを楽しませるかという3人の思いがあふれており、そこに彼らのコンサートの本質があるように思う。3人によるリードボーカル、唯一無二のハーモニー、どんな楽曲でもアルフィーサウンドにしてしまうオリジナリティ、高い演奏技術、桜井のコントでの面白さ、坂崎のモノマネ……。

そう、アルフィーのコンサートで欠かすことのできないものが、コントやモノマネなどのお笑いである。当然ながら、演奏はすばらしいが、お笑いも計算し尽くされ、そこらのお笑い芸人をうならせるほどの力量だ。これはライブハウス時代から培ってきた彼らのエンターテインメント魂によるものだろう。演奏を聞かせることだけが目的ではなく、お客さんにコンサートの間、日常を忘れて楽しんでもらいたいという目的がある。その手段が演奏であり、お笑いなのである。

次ページ1日だけのアルバイトに対しても「バイト扱い」しない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT