「スケボー女子」若年化が進んだ背景にあるもの

「レジェンド」が見たオリピック決勝の風景

新種目スケードボード(ストリート)で初金メダリストとなった、西矢。決勝に残った8人のうち、4人が16歳以下だった(写真:Alexandra Garcia/The New York Times)
この記事の画像を見る(2枚)

うら若き13歳のスケートボーダーが7月26日、決勝で最後のトリックを決めてスケートボード女子ストリートのチャンピオンになり、世界中のオーディエンスを湧かせた。

アメリカ・ニューヨークのブルックリン出身のアレクシス・サブローン(34)は、最高の眺めを味わった。彼女にとって少々驚きだったのは、自分もメダルを賭けて出場した一方で、自分の半分未満の年齢の少女たちが、オリンピックで戦うのを目の当たりにしたことだった。

「『ついにここまで来た』という感じでした」。サブローンは4本目を終えた後、こう述べた。「女性スケートボーダーは、競技にとっての最少必要人数に達したのです。天才たちが現れるのに十分な数です。彼女たちは今まさに、ここに存在しているのです」。

エネルギッシュなブラジル人女子

彼女の前で、エネルギッシュなティーンエイジャーであるブラジルのライッサ・レアウは、髪をたなびかせ、満面の笑顔を見せながら、夏季オリンピック史における最年少の女子の金メダリストになることを目指していた。

レアウより数カ月年上の日本の西矢椛は、前日に同じ競技場で男子ストリートのチャンピオンになった堀米雄斗の決勝でのパフォーマンスを再現しようとした。

レアウが最初に競技に臨んだ。彼女は、西矢の得点を抜くために大技の着地を決める必要があった。空中を飛び、体の下でボードにひねりを加えて、レールを滑り降り、そして残念なことにコンクリート上に転げ落ちた。会場を去る際には、銀メダルと、母親からのハグが待っていた。

次ページ若いアスリートの活躍目立つ女子スケボー
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT