「一流VCの成功基準」とは?日本人が知らない裏側

VCたちが「打率」より気にかけている大事な指標

ベンチャー・ビジネスを野球で例えてわかりやすく説明します(写真:takeuchi masato/PIXTA)
全米トップクラスのVC(ベンチャー・キャピタル)の1つであるアンドリーセン・ホロウィッツでマネージング・パートナーを務め、2009年の同社設立時から社員第1号として活躍してきたスコット・クポール氏が、起業家とVCの情報の非対称性をなくし、良好な関係を築くために書いた『VCの教科書』から、VCの成功の指標について、抜粋・編集してお届けする。

VCにとっての「ヒット」とは

ベンチャー・ビジネスを理解するために、野球ほど役立つものはない。野球嫌いの人のために、まずは「打率」の定義から始めよう。

『VCの教科書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

打率とは、選手のヒット数を打数で割った割合である(四球は分母に含まれないことは承知しているが、このアナロジーでは関係ない)。つまり、打率3割の野球選手は─終身打率がこの数字ならば、選手は野球殿堂入りする─10回打席に立つごとにヒットを3回打っている。

優れたVCは、10回の打数で約5回ヒットを飛ばす(打率5割)。VCの「ヒット」とは、VCが当初企業に投資した額を上回るリターンを得ることだ。一見したところ上々の結果だと思われるかもしれないが、じつはそうではない。それどころか、これは成功を左右するほどの問題ではないのだ。

ほとんどのVCにとって、打数の分布は次のように見える。

1.投資の50%は「十分に役目を果たさない」
2.投資の20〜30%は、「シングルヒット」か「ツーベースヒット」
3.投資の残り10〜20%──これが、VCにとってのホームランだ。

以下で詳しく述べよう。

●投資の50%は「失敗」

1.投資の50%は「十分に役目を果たさない」。これは、投資の一部または全部を失うことを意味する、丁寧な言い方だ。ちょっと考えてみてほしい。VCは投資の半数を完全に誤り、投資家から預かった資金の大半、または全額を失う結果に終わるのだ。

その他の職業なら(野球は例外かもしれない)、50%の業績しか挙げられなかったら、別の仕事を探すことになるだろう。ところがわたしたちVCときたら、失敗を褒め称えているようなものだ。

2.投資の20〜30%は、引き続き野球のたとえを用いるなら「シングルヒット」か「ツーベースヒット」だ。全額を損してはいないが(これはめでたい)、数回投資して1回しかリターンがないことになる。

暗号通貨に500万ドル投資して、1000万〜2000万ドルのリターンがあったとする──それほど悪くない。しかし、「十分に役目を果たさない」投資の50%を考慮に入れれば、VCはやはり厄介な状況に陥る。投資額の70〜80%が、1ドル当たり約75〜90セントのトータルリターンしか挙げていないことになる。これでは成功とは言えない。

次ページ3.投資の残り10〜20%について
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT