頭のいい人があえて「汚いノート」をつくる理由

「間違ったノート」にありがちな4つのパターン

『あなたの知識を驚くべき結果に変える 超戦略ノート術』(学研プラス)
(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

そして最後の間違いである「黒板をスマホで撮影して、講義をスマホで録音する」については、もはやくわしく説明するまでもないでしょう。

カメラを使えば、すべての情報を一瞬で記録できますが、その時点で自分の脳を活用する要素はゼロになり、脳がアクティブラーニングに取り組む必要がなくなってしまいます。

それでは、アクティブラーニングの要素を取り込み、科学的に正しくノートを使いこなすにはどうすればいいのでしょうか?

『あなたの知識を驚くべき結果に変える 超戦略ノート術』では、「科学的に正しいノート術・6つの基本ルール」を紹介しています。その基本ルールを押さえたうえで、5つのノート術を提唱しています。

5つの科学的ノート術

1. オリガミノート(学びたいことをクイズ形式に変えて使う、日々の学習の土台になるノート)
2. チャンク化ノート(授業やセミナーの内容を記憶に定着させて、知識の応用力を養うノート)
3. WOOPノート(日々の学習計画を立てて、勉強のモチベーションを維持するノート)
4. 後方プランニングノート(学習の長期的なプランニングを行い、モチベーションをさらに強固にするノート)
5. モジュールノート(1〜4までの「基本ノート」に、さらに別の機能を加えたいときに使うノート)

 

それぞれのノートは、過去に行われた大量の学習研究の結果、効果の高さが認められたものを抜き出し、さらにそれぞれの手法を実践しやすく組み直したものです。もちろん私自身も常用し、その効果を実感しています。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT