「同質集団」CIAによって見逃された9.11の兆候

当時CIA職員は高い割合で中流階級出身だった

組織にはなぜ「多様性」が必要なのでしょうか(写真:metamorworks/PIXTA)
約3000人が死亡したアメリカ同時多発テロから9月で20年になります。
この史上最悪のテロを、何万人もの人員と何兆円もの資金を誇るアメリカの情報機関は防ぐことができなかったのか──。こうした批判の目は、事件後とりわけCIAに向けられました。実際、複数のテロの「兆候」があったにもかかわらず、アメリカの情報機関は潜入捜査などを開始していませんでした。
このCIAが犯した「史上最大級の失敗」の原因の1つに、「組織の多様性のなさ」を挙げる声があります。
新著『多様性の科学』では、CIAやGoogleなどのグローバル企業などの事例をとり、同じ特徴の者ばかりを集めた多様性に欠けるチームでは、致命的な失敗を未然に見つけ高いパフォーマンスを発揮することはできない、と説いています。
前回に引き続き、同書より一部を抜粋・編集しお届けします。

多様性が皆無だった当時のCIA

9.11のテロ攻撃による悲劇は本来なら回避可能だった。この点について、アメリカの情報機関に対する批判は正しい。しかしCIAが危険な兆候を見逃したのが原因だと言うのはどうだろう? そうした批判は「後知恵バイアス」(前回記事参照)の影響に惑わされている。

CIAにとって、危険な兆候は明らかではなかった。現在CIAを批判するいくつかの団体にとっても、当時はおそらくそうだっただろう。皮肉なことにそうした集団も画一的なのだから。多様性の欠如は世界随一の情報機関をも弱体化させた。多様性に富んだ集団なら、アルカイダのみならず世界中の脅威に対してもっと深い洞察力を発揮できただろう。考え方の枠組みや視点の違う人々が集まれば、物事を詳細かつ包括的に判断できる大きな力が生まれる。

CIAの職員は驚くほど高い率で中流階級出身だ。金銭的な苦境も、迫害も、過激思想に触れることも、そのほか諜報活動に知見をもたらしうる経験をほぼしていない。これらはどれも多様性に富んだチームを築くうえでは貴重な要素だ。

しかしCIAという組織にはそれが欠けていた。みな同じ枠組みで物事を見ていた。これは決して白人・プロテスタントのアメリカ人男性への批判ではない。どれだけ優秀でも、同じ特徴の者ばかりを集めた多様性に欠けるチームでは、集合知を得られず高いパフォーマンスを発揮できないという話だ。

次ページCIA内部にも「反省」の声
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT