経営者たるもの、「心を許して遊ぶな」

【新連載】先憂後楽の精神、持っていますか?

先憂後楽というわな。つまり、憂いを先にして楽しみを後にするということやろ。社員が五人だろうが、三人だろうが、経営者の立場に立つ人はね、この先憂後楽という考え方を多少とも持っていないと絶対ダメやな。さらに言えば、そのことをどの程度に活かしているかということを考えんといかんな。身で行うことが大切やけどね、身で行わなくとも心でしておるとかね。心身ともにそうであることにこしたことはないけどな。

およそ経営者たるものは、人とともに憂い、人とともに楽しむということではあかんな。人よりも先に憂い、人よりも後に楽しむということでないとな。そういう考え方、そういう思いというか志やな、それが多少なりともなければ、経営者にはなれんな。

それは人が遊んでいても、自分は常に働いているとか、遊んでいるようでも頭はつねに働いているとか、ものを見てもホッと仕事のことを考える、思いつくとかね。そういうことは、先憂後楽の志があれば、そうなるわけや。一つの遊びをやっとっても、フッと思いつくことがあるわな。

きみ、信長な、織田信長やね。信長は、酒宴の席で酒を呑んでいても、かたときも、隣国のこと、敵国のことを頭から離す、忘れるということはなかったやろうね。

“あの人は、心を許して遊んでいる”と、よう言うけどな。仮にまったく心を許して遊ぶような人がいるならば、そういう人は経営者にはなれんわ。経営者は、心を許して遊んだらいかん。きみ、よう覚えておけや。

松下のこの言葉は、私の胸に強烈に残った。それから二年後、松下は私に、PHP総合研究所の経営を、実質担当するように指示した。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。