松下幸之助は生きている 岩谷英昭著

松下幸之助は生きている 岩谷英昭著

松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助は「経営の神様」として知られる。米国松下電器会長CEOを務めた著者が、幸之助の言葉を紹介しながら、自らのビジネスの苦闘を振り返った。

著者は幸之助からの直接の薫陶は一度しかない。しかし常に幸之助の本を読み返しながらビジネスの壁を乗り越えた。「汗の中から知恵を出せ」「共存共栄」など、その思想は異国でも通用した。世界的不況の中でも、幸之助ならば「不況またよし」とチャンスに変えたはずだという。

創業者だからこそ持ちえた理念には、「目に見えない凄みがある」。日本企業は他国の追い上げに苦しむが、幸之助の思想が海外ビジネスの道標になってほしいと願う。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。