松下幸之助は泣いている 日本の家電、復活の条件 岩谷英昭著

松下幸之助は泣いている 日本の家電、復活の条件 岩谷英昭著

日本の家電メーカー復活を願う元米国松下電器会長からの提言の書である。

かつて、世界を席巻した日本の電化製品は、なぜ落ちぶれてしまったのか。それは、過去の成功体験に執着するあまり、グローバル化という時代の変化を読み切れなかったからだと語る。さらには、バブル崩壊に伴う度重なるリストラによって、優秀な人材がアジアのライバル企業に流出する事態を招いてしまった。

“経営の神様”ともいわれた松下幸之助は生前、「松下は人をつくる会社です。あわせて電気製品もつくっています」と答えていたという。それだけ人材を大切にしていたのである。この「人材」という観点を中心に、日本家電復活の処方箋を示す。

朝日新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT