松下幸之助は泣いている 日本の家電、復活の条件 岩谷英昭著

松下幸之助は泣いている 日本の家電、復活の条件 岩谷英昭著

日本の家電メーカー復活を願う元米国松下電器会長からの提言の書である。

かつて、世界を席巻した日本の電化製品は、なぜ落ちぶれてしまったのか。それは、過去の成功体験に執着するあまり、グローバル化という時代の変化を読み切れなかったからだと語る。さらには、バブル崩壊に伴う度重なるリストラによって、優秀な人材がアジアのライバル企業に流出する事態を招いてしまった。

“経営の神様”ともいわれた松下幸之助は生前、「松下は人をつくる会社です。あわせて電気製品もつくっています」と答えていたという。それだけ人材を大切にしていたのである。この「人材」という観点を中心に、日本家電復活の処方箋を示す。

朝日新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT