松下幸之助は泣いている 日本の家電、復活の条件 岩谷英昭著

松下幸之助は泣いている 日本の家電、復活の条件 岩谷英昭著

日本の家電メーカー復活を願う元米国松下電器会長からの提言の書である。

かつて、世界を席巻した日本の電化製品は、なぜ落ちぶれてしまったのか。それは、過去の成功体験に執着するあまり、グローバル化という時代の変化を読み切れなかったからだと語る。さらには、バブル崩壊に伴う度重なるリストラによって、優秀な人材がアジアのライバル企業に流出する事態を招いてしまった。

“経営の神様”ともいわれた松下幸之助は生前、「松下は人をつくる会社です。あわせて電気製品もつくっています」と答えていたという。それだけ人材を大切にしていたのである。この「人材」という観点を中心に、日本家電復活の処方箋を示す。

朝日新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT