中国「ゲーム動画配信」大手2社、合併を当局が却下

「闘魚」と「虎牙」。両社ともテンセントが親会社

中国の2大ゲーム動画配信プラットフォームである「闘魚」と「虎牙」の合併計画は独禁法当局に却下された(写真は虎牙のウェブサイトより)

中国の2大ゲーム動画配信プラットフォームである「闘魚(DouYu)」と「虎牙(HUYA)」の合併計画が、中国の独占禁止法の執行機関である国家市場監督管理総局(市場監管総局)に却下された。同局は7月10日に公表した通知のなかで、両社の合併は「市場における公正な競争を排除・制限する可能性があり、認められない」と結論づけた。

闘魚と虎牙の合併計画を描いたのは、ネットサービス大手の騰訊(テンセント)だ。同社は虎牙の発行済み株式の51%、闘魚の37.2%を保有する両社の筆頭株主である。なお、虎牙は2018年5月にニューヨーク証券取引所、闘魚は2019年7月にナスダックに上場している。

テンセントによる闘魚と虎牙の合併準備は1年近く前にスタートした。2020年8月、テンセントは闘魚と虎牙の株式交換による合併を提案。2020年10月にはその具体案を公表した。虎牙が闘魚の全株式を取得して100%子会社化するというもので、テンセントは合併後の新会社の株式を67.5%保有する支配株主となるもくろみだった。

合併案の審査は236日に及んだ

市場監管総局の通知によれば、同局は2020年11月16日にテンセントが提出した合併案の審査申請を受け付けた。そして独禁法の規定に基づき、闘魚と虎牙のマーケットシェア、市場に対する支配力や集中度、合併後の市場競争への影響などについて分析を行った。

本記事は「財新」の提供記事です

合併案の審査は236日の長きに及んだ。市場監管総局が出した結論は、「両社の合併は中国国内のゲーム動画配信市場とオンラインゲームの運営サービス市場において、公正な競争を排除・制限する可能性がある」というものだった。

これに対してテンセントは、「審査結果を真摯に順守し、(当局の)監督に積極的に協力する。法規に従った経営を行い、社会的責任を着実に全うする」とのコメントを出した。

(財新記者:関聡)
※原文の配信は7月10日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT