太るアフリカ!健康の大問題は飢餓より「肥満」

家庭訪問でわかった急激に生活がよくなる予兆

NGOやNPOの支援で飢餓が減り、子どもたちの笑顔が広がっている(写真:Bartosz Hadyniak/iStock)
リープフロッグ(カエル飛び)で飛躍するアフリカのファクトフルネスを解説した椿進氏の『超加速経済アフリカ』が、「中田敦彦のYouTube大学」でも紹介され、大きな反響を呼んでいる。アフリカというと、飢餓や貧困イメージがある人が少なくないが、そのアフリカでいま肥満が増えて健康問題になっている。今回は、教科書では学べない、テレビや新聞にも書かれていない、アフリカの都市と農村の生活のファクトフルネスについて語ってもらった。

都市化が確実に進んでいる

近年、中国・インド・東南アジアの成長が取り沙汰され、「アジアの時代が来た」と語られることが増えています。一方で、アフリカ諸国については、日本では内戦や難民、飢餓、スラムといった昔のイメージがなかなか抜け切りません。

『超加速経済アフリカ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

確かに、農村を中心に貧しい人が多いのは事実です。しかし、都市化は確実に進み、着実な経済発展を遂げている国は少なくない。中間層も生まれてきており、各家庭にも、先進国と同じ製品が入り始めています。

実際、アフリカの主要国の1人当たり実質GDPと人口規模、GDP規模を比較してみると、東南アジア諸国と、ほぼ同規模の国々が並んでいることがわかります。

南アフリカで、タイと同じレベル。エジプトは、フィリピンと同じレベル。ケニアやエチオピアは、ミャンマーと同レベルで、スーダンやアンゴラ、モロッコなどは、フィリピンに近い1人当たりGDP規模になっています。

しかも、産業構造の変化も始まってきている。ケニアやエチオピアはまだ第1産業の従事者が54%、60%ですが、南アフリカでは、第1次産業従事者は5%程度です。一方で第3次産業が72%もあります。実はこれは、日本よりも高い数字です。

ナイジェリアも発展が急激に進んで、第3次産業が労働者ベースで53%まで来ています。エジプトも、49%です。エジプトは製造業比率が高いのも特徴です。

ケニアはやはり農村に働いている人たちがまだまだ半数以上いますから、この人たちの所得をいかに上げるか、ということが議論になります。経済発展が進むと、この第1次産業が減少し、都市への人口流入が進み、第3次産業などが拡大していくことになります。

次ページ今のアフリカは「飢え」ではなく「肥満」が課題に
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT