沈没船博士挑む400年前の船ハラハラの発掘調査

海底に眠る船体を研究する「水中考古学」の世界

水中考古学をご存じでしょうか? アドリア海で行われた調査の様子をお届けします(写真:Kazu23 /PIXTA)
ユネスコの試算によると、世界の海には300万隻の船が沈没しているといいます。海底に眠る船体や積み荷を発掘し、過去の人々の生活をひも解く――それが、水中考古学です。山舩晃太郎氏(37)はアメリカで博士号を取り、専門家として世界の海でフィールドワークを行っています。発掘現場の驚きと発見を描いた山舩氏の初著書『沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う』の一部を、抜粋・再編集して2回に分けてお届けします。
今回紹介するのは、大小さまざまな島が点在するアドリア海で約400年前に沈没した「グナリッチ沈没船」の水中発掘の調査の様子です。
実はこの船は50年前にすでに一度発掘調査が行われおり、クロアチアの考古学会ではかなり有名な沈没船だそう。当時の調査では、船体の大きさは少なくとも20m×8m程度とされ、シャンデリアやガラス製品など豪華絢爛な装飾品も含め、さまざまな積み荷が引き上げられました。その積み荷の構成から、この船が16世紀または17世紀のベネチア共和国からの積み荷を載せた船である、ということがわかっています。
山舩氏ら調査チームを待ち受けるのはいったい……?

現場に着いても、すぐには発掘できない

ついにこの日が来た! 水中調査当日の朝、軽い朝食を済ませたら、そのままリビングルームでミーティングが始まる。15人近くに膨れ上がったチームメンバーが3つのグループに分けられ、それぞれに作業が振り分けられた。ミーティング後、各グループで確認しながら作業に必要な機材を車に詰め込み、車で5分ほど離れた港に向かう。この時はチームメンバーの数が多かったため、地元のダイビングショップから2階建ての立派なダイビング専用船をチャーターした。

沈没船の地点までは、この船で1時間弱程。私達は船のエンジンが完全に停止したらすぐに潜れるように、船内でダイビング機材と作業に必要な道具を準備する。

ウェットスーツの上に空気タンクを装着したダイビング用のジャケットを着た。海外での水中考古学プロジェクトでは、18ℓの空気タンクを使うことが多い。今回も18ℓの空気タンクを使う。タンクは空の状態でも約22㎏、空気が満タンの状態で約27㎏になり、陸上では動くのがおっくうになるほどだ。しかし、一度水中に飛び込めば重さも感じなくなる。

風も穏やかで、波もない。船長から係留完了の合図が出ると、今回のプロジェクトリーダーであるイレーナ・ロッシ教授と水中考古学の世界的権威であるフィリップ・カストロ教授から作業内容の最終確認が行われ、その後、すぐに最初のグループの6人が水に飛び込んだ。

いよいよ、グナリッチ沈没船の50年ぶりの水中発掘が再開だ!

次ページいきなり調査には入れない!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT