辣腕作家が見たアメリカが「コロナに負けた」必然

マイケル・ルイス氏が失敗の理由に切り込んだ

アメリカはいかにして「コロナ敗戦国」になったのか(写真:Ariana Drehsler/Bloomberg)
今年7月4日。アメリカの独立記念日であるこの日、空に打ち上げられた盛大な花火を家族や友人たちと楽しむアメリカ人の姿をテレビやSNSで見てうらやましく思った人も少なくないだろう。しかし、1年前のアメリカは新型コロナウイルスによる重症者や死亡者が爆増しており、誰が見ても「コロナ対策に失敗している国」だった。実際、アメリカの新型コロナによる死亡者数は現時点で60万人超と世界で最も多い。
アメリカの新型コロナ対策はなぜ失敗したのか。『マネー・ボール』や『世紀の空売り』で知られる作家、マイケル・ルイス氏は新著『最悪の予感 パンデミックとの戦い』で、コロナ禍を戦った知られざる英雄たちの姿を通じ、意思決定や危機管理の本質に迫る。本稿では同書より、池上彰氏による解説を一部抜粋してお届けする。

真摯な対応をしなかったトランプ前大統領

新型コロナウイルスによるアメリカ国内の死亡者は、2021年6月15日、ジョンズ・ホプキンス大学の集計で60万人を超えた。累計感染者数は約3350万人で、死者数も感染者数も世界最多となった。

この死者数は、第一次世界大戦や第二次世界大戦でのアメリカ人の死亡者を合わせたよりも遥かに多い数だ。まさにアメリカは「コロナ敗戦」となってしまった。

アメリカで新型コロナの感染が始まったとき、当時のドナルド・トランプ大統領は、「ウイルスはまもなく消える」などと発言し、真剣な対応を取ろうとしなかった。2月10日には「ウイルスは4月までに、奇跡的に消えるだろう」と述べ、2月27日にも「ウイルスはある日、突然奇跡のように消え去るだろう」と主張した。

その後も感染者数も死者数も増え続けたが、7月19日に放送された、トランプ大統領お気に入りのテレビFOXニュースでのインタビューでも「私が正しかったことがわかるだろう」と言い続けた。

これを信じたトランプ支持者たちのうち、どれだけが感染したり死亡したりしたことだろうか。

この点に関し、「ワシントン・ポスト」のボブ・ウッドワード記者は、著作『RAGE 怒り』の中でのトランプ大統領へのインタビューで、「国民に不安を与えたくなかった」という趣旨の弁解を紹介している。自らは危険性を認識していたというのだ。

次ページ以前からパンデミックに備えていた人々
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT