夏目漱石も唱えていた「自粛する日本人」への異論

今の政治と照らし合わせて考えたい言葉たち

7月17日
磯田光一(いそだ・こういち/1931‐1987/文芸評論家)

天皇が西にいて、権力の中心だけは東に来てしまったとき、〝神話〞と〝実権〞との緊張関係を最も象徴的に描こうとすれば、西を上方にしながら、〝御城〞だけは京都に足を向けて聳え立っていなければならない。そして明治維新とは、尊皇攘夷の開国和親への転換という形を通じて、江戸地図の神話を崩壊に導いたのである。<『思想としての東京』(講談社文芸文庫、1990年)>

磯田光一は、江戸時代の江戸地図の大半が京都のある西を上としながら、江戸城を意味する「御城」の文字がさかさまに描かれていることに注目し、ここに権力を握った幕府(公儀)ないし将軍と権威を保った朝廷(禁裏)ないし天皇の関係が象徴されていると見た。

しかし慶応4(1868)年7月17日に江戸が東京に改称されると、江戸地図もしだいに近代的な地図へと変化し、「御城」は天皇の居所となる。地図という非文字資料を通して、権力と権威が東京の天皇に集中したことがわかるとしたのである。

ヒトラーが語ったナチス躍進の原動力

7月18日
アドルフ・ヒトラー(1889‐1945/ドイツの政治家、ドイツの首相、総統、ナチス指導者)

人を説得しうるのは、書かれたことばによるよりも、話されたことばによるものであり、この世の偉大な運動はいずれも、偉大な文筆家にでなく、偉大な演説家にその進展のおかげをこうむっている、ということをわたしは知っている。<『わが闘争』上(平野一郎、将積茂訳、角川文庫、2001年)>

1924年4月、ミュンヘン一揆で有罪判決を受けたヒトラーは、獄中で『わが闘争』の執筆を始め、25年7月18日に第1巻を刊行した。引用したのは冒頭に掲げられた序言の一節。後にナチスを大きく飛躍させることになる原動力について語っている。話し言葉を重視するのは、ソクラテス以来の西洋の伝統でもある。しばしば「ファシズム体制」として一括されながら、45年の玉音放送まで大多数の国民が天皇の肉声を聞いたことすらなかった昭和初期の日本との違いは明らかだろう。

次ページ藤原長子が耐えられなかった非情さ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT