証券界「お騒がせ企業」ぶっ飛んだ上場計画の中身

ゲームストップ騒動巻き起こしたロビンフッド

ゲームストップ騒動を巻き起こした、株取引アプリのロビンフッドが上場に向けた目論見書を提出した(写真:Gabby Jones/Bloomberg)

コロナ禍の中で人気と悪名を高めた株式取引アプリのロビンフッドは7月1日、待望の新規株式公開(IPO)に向けて重要な一歩を踏み出し、2021年1〜3月期の売上高が急増した反面、同損失が14億ドルを上回ったことを明らかにした。

IPOに向けて目論見書を提出した前日には、金融取引業規制機構(FINRA)に7000万ドルの制裁金を支払うことで合意していた。利用者に誤解を与えたりサービスの停止で不利益をもたらしたりしたためで、FINRAが1度に科す制裁金としては過去最大だ。

シリコンバレー企業には好ましくない理由から全国的に注目されるようになる企業が少なくないが、ロビンフッドも1月、そうした企業群の仲間入りを果たした。投資家の大群がビデオゲーム販売会社ゲームストップなどのいわゆる「ミーム銘柄」の株価を共闘買いで急騰させると、ロビンフッドは一部銘柄の取引を制限。これに利用者が激怒した。

ゲームストップ株騒動で焼け太り

ロビンフッドは保証金の積み増しが必要になったためやむをえず講じた措置だと釈明するが、利用者からは50件近い訴訟を起こされ、カリフォルニア州メンローパークの本社前でも抗議活動が行われるようになった。その1カ月後、経営陣は議会公聴会に呼び出され、厳しい叱責を受けている。

ところがロビンフッドはこの混乱を通じて知名度を高め、利用者を何百万人と増やした。

新しいタイプの投資家に株取引の機会をもたらすという意味で、ロビンフッドは「庶民の味方」を自認する。利用者から取引手数料を取ることはなく、利用者による売買注文をウォール街の企業に回送し、その見返りとして支払われる少額の手数料を積み上げることで収益を上げるスタイルだ(この仕組みは「ペイメント・フォー・オーダー・フロー=PFOF」と呼ばれる)。

そのロビンフッドの財務の全容が、今回の目論見書で明らかとなった。現在、1800万人近い利用者がロビンフッドのアプリで株式や暗号通貨(仮想通貨)を売買しており、同社が管理する資産は810億ドルにのぼる。

次ページIPOでもウォール街の慣例をぶっ壊す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT