ヤマハが“音楽”へ原点復帰

ピアノの頂点、スタインウェイの背中を追う

一方、目標とするスタインウェイのピアノは、オーケストラに負けない迫力と芯のある音で、世界中の演奏家から信奉され、圧倒的な存在感を放ち続ける。

多くのメーカーが中国や東南アジアへ工場を移すように、ヤマハも需要の膨らむインドネシアでアップライトピアノやギターの生産機能を増強する。だが、核となるコンサートグランドピアノの製造だけは、いかに採算が悪かろうと、断固として本社のある静岡に残す。

ショパンコンクールでヤマハが公式ピアノに

巨大な木材加工品であるピアノは、家電や車で言うところの「ものづくり」とは異なる側面を持つ。マニュアル化できる技術よりも、職人の技能に頼る割合が高い。たとえばグランドピアノの外枠。大きな婉曲部は「曲げ練り」と呼ばれる伝統的な技法で、熟練した職人にしか作れない。温湿度や木の状態、最終製品のサイズで、曲げ具合が異なる。技能を伝承するには、職人が若手とペアを組み、体で覚え込ませなければならない。100年かけて技能を洗練させながら、目指す老舗の背中を一歩一歩追いかけていく。

ショパンコンクールなど国際的なピアノコンクールでヤマハが公式ピアノに採用されてから、まだ日は浅い。コンクールの最終候補者は事前に複数の公式ピアノを弾き比べ、人生を賭ける1台を選ぶ。今では、10人中1~2人がヤマハを選ぶまでにレベルは上がってきた。だが梅村社長はまったく満足していない。「最低でもスタインウェイと半々」(5人はヤマハ、5人はスタインウェイを選ぶということ)と意気込む。

創業の精神に立ち戻ったヤマハ。演奏家の絶大なる信頼を勝ち取るまでの道程は、まだまだ続く。
(撮影:今 祥雄、週刊東洋経済2010年6月5日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT