ヤマハが“音楽”へ原点復帰

ピアノの頂点、スタインウェイの背中を追う

それでも、「標準化」は断行された。改装費用のうち3分の1はヤマハの支援だが、日本円に換算して残りの200万~1000万円程度はディーラーの負担になる。看板はすべて新品のものにつけ替え、照明や家具は高級感のあるテイストに統一した。古い楽器を廃棄し、高機能の新製品を投入した。

“広告塔”も置いた。冒頭に登場した巨大ショッピングモール内の教室がそれだ。高額な家賃を承知で、ルイ・ヴィトンなど高級ブランドの近隣に入居した。「多くの教室は住宅街の中にあるため、潜在顧客の目に止まりにくい。買い物に来た親子連れにヤマハを認知してもらえれば」(山田氏)と考えたからだ。

集客力は上がった。フタを開けてみれば、月謝が2倍になったにもかかわらず生徒は3割以上増加した。特に、新しい教室を情操教育の場と認めたプリブミの比率が急増した。

つれて楽器のシェアも上がった。楽器等の売上高は2007年度当時の約2600億ルピア(約27億円)から2010年度(予想)には3800億ルピア(約40億円)と、年率20%台の高成長を記録。教習所に通って初めて乗りこなせる車と同じく、楽器もまた、買ってすぐに使いこなせる消費財ではない。教室の生徒増が、楽器の販売を押し上げたのだ。

本業特化で余力をつけ 新興国市場で攻勢へ

インドネシアでの成功は、ヤマハにとって大きな意味を持つ。それまで苦手としていた新興国市場へ、一歩足を踏み出したからだ。

次ページヤマハの世界シェアは30%
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT