ヤマハが“音楽”へ原点復帰

ピアノの頂点、スタインウェイの背中を追う

日本でも有名なヤマハ音楽教室は、質の高い情操教育がウリだ。日本の教室で4~5歳児のグループレッスンを見学すると、一人に1台、最新の電子ピアノが用意されている。講師は生徒一人ひとりの到達度合いを確認しながらレッスンを進める。歌、合奏、発表、音当てクイズとメニューは分単位で構成され、子供たちは飽きる暇がない。講師は採用試験に合格した音楽大学出身者。研修後、教室に送り込んでいる。

だが、インドネシアの教室では、つい最近まで格安料金を仕掛けてくる現地の教室に負けていた。なぜか--。ヤマハが持っているはずのブランド力が弱体化していたのだ。

現地代理店の反発を押し 音楽教室の底上げ断行

3年前に赴任した山田俊一・ヤマハ・インドネシア社長(当時)は、ディーラー(販売店)による教室を回ってみて、合点がいったという。

黒ずんだ外壁に、ペンキの剥げかけた看板。窮屈に並んだ電子ピアノは20年前の製品で、床には楽器のケーブルがむき出しだ。肝である講師の研修は形骸化していた。世界の「YAMAHA」を生かすどころか、ブランドを貶めるありさまだった。

そもそもの原因は、低すぎる料金設定にあった。教室の月謝をマクドナルドのビッグマック(小売価格)に換算すると、日本が26個分、タイ22個分であるのに対し、インドネシアは11個分とほぼ半額だった。ディーラーの儲けは、設備更新もままならないほど小さかったのだ。

富裕層はもちろん中間層でさえ、教室の低品質をよしとしなかった。家電と違い、子供への投資は「価格」よりも「品質」。ヤマハは、消費者のニーズを読み違えていた。

「国内のすべての教室を改装し、講師には研修を受けてもらいます。月謝は2倍に値上げします。方針に賛同いただけないディーラーは、3年間の猶予の後、教室運営の権利を消失することになります」

山田氏の突然の宣言に、「倍の料金で客がついてくるはずがない」「投資は回収できるのか」とディーラーの猛反発が湧き起こった。

次ページ「標準化」を断行
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT