投資を始めたい人が「下落リスク」を見通す方法 世界の株式で運用する投資信託を選べば怖くない

拡大
縮小

資産運用の目的の1つに、将来インフレになっても商品やサービスを買う力を減らさないようにすることがあります。

将来物価がどのくらい上がるかわかりませんが、物価上昇率を上回る利回りで運用できれば購買力(商品を買う力)は減らないと考えられますので、資産の一部を運用していくのはよいことでしょう。つみたてNISAやiDeCoを優先的に使い、投資対象をグローバルに分散し、信託報酬が安い低コストの商品を選びましょう。

対象を分散し、コストを抑え、長く続ける

多くの人にとって、老後の生活費は、公的年金とそれまで貯めたお金を取り崩して賄います。将来、必要になるお金を合理的に、長期にわたってゆっくり増やしていく必要があります。

10年に一度くらい、記憶に新しいところでは新型コロナの感染拡大で世界中の株式市場で価格が大きく下がりました。しかし、恐れることはありません。投資先は、私たちの生活を支えている世界中の主要企業の株式です。株価は、やがて適正な価格に戻ります。

投資は怖いものではありません。資産運用で大切なことは、投資対象をグローバルに分散し、運用コストを抑え、長く投資を続けることです。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT