東芝の判断は愚かだが、「極悪」とまでは言えない

「東芝と経産省の圧力問題」はどう判断すべきか

競馬である。

6月の宝塚記念が終わると、「ローカルシーズン」の開幕だ。だが、欧米にはローカルシーズンというものは、ほとんどない。例えばアメリカのニューヨーク州では、サマーダービーとも言われていたトラヴァーズステークスが8月にサラトガという避暑地で行われてきた。この時期に重賞レースが多数同時に開催される。ローカルどころか、全米のブリーダーズカップに次ぐ大きなイベントとなっている。

日本も夏競馬を「ローカル」から「メジャー」に

しかし、これも昨年から大きく変貌した。「芝の3冠レース」として、7月にベルモントダービー、8月に文字通りサラトガダービー、9月にジョッキークラブダービーを行うこととなった。さらにサラトガダービーは今年からG1に格上げされた。

一方、牝馬の芝3冠も7月にベルモントオークス、8月にサラトガオークス、9月にジョッキークラブオークスと「トリプルティアラ」と銘打って行われることとなった。

もちろん、伝統的なアメリカの3冠レースはもちろんダートである。これは5月にまずケンタッキーダービーが行われ(今年は5月2日)、なんと2週間後にプリークネスステークス(5月16日)、そして6月にベルモントステークス(6月6日)と、正味1カ月の間に3つものビッグレース行われる。

したがって、アメリカのクラシック3冠レースとは日本とは似ても似つかぬもので、「無事是名馬」を地で行くものとなっている。しかも最重要レースが最初に行われるから、後の2つはおまけのようなものである。そもそも同国では2歳戦から完全に仕上げてきて、2歳戦の実績が種馬の価値を決めるから、そもそも3冠には言われているほどの重みはない。

そのなかで、8月のトラヴァーズステークスは、夏の3歳馬最強決定戦として、重要なものと捉えられてきたが、今後、芝路線も充実することとなり、サラトガの占める位置はダート芝ともに重要なものとなってくるだろう。ちなみに日本で言う「ダート馬」という言葉はアメリカにはない。強い普通の馬はダートであり、いわば特殊な馬が芝を走ることになっており、一般の競馬ファンは芝馬のことは、ほぼ何も知らないに等しい。

ということで、前置きが長くなったが、日本のサマーダービーとも言えるのが、福島のラジオNIKKEI賞(4日、福島競馬場の第11レース、距離1800メートル、G3)である。ただこのレースは以前から「残念ダービー」として、3歳の最高峰レースである日本ダービーに間に合わなかった、あるいは成績が足りなかった馬が「悔し紛れに出てくるようなレース」となっている。私はこれを8月の札幌に移して、アメリカのように真のサマーダービーにすることを提案したい。

ということで、同レースの予想は、訳あってシュヴァリエローズ。知り合いが馬主なので応援せざるをえない。私が生涯実現できなかったディープインパクトの馬主になれるなんて、羨ましいというか妬ましい。しかし、義理があるので本命。

一方、小倉競馬場ではCBC賞(同日の第11レース、距離1200メートルG3)が行われる。例年は中京競馬場で行われるこのレースが今年は小倉。そこへ、九州産馬、しかも熊本産で、その名もヨカヨカが参戦する。

日本の馬産は、北海道一極集中というよりも「社台ファーム一極集中」で、ここは細々と営みを続ける九州の馬産地を応援したい。熊本の阿蘇は軍馬の養成で有名で、日本の馬産はもともと軍馬養成だから、本来なら王道だ。ディープインパクトなどとは比べ物にならないくらいの安い種付料(中には無料の馬もいる)の馬を大事な繁殖牝馬につけて大切に育てる生産者を応援したい。こちらは全力で愛を込めて単勝。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT