東芝の判断は愚かだが、「極悪」とまでは言えない

「東芝と経産省の圧力問題」はどう判断すべきか

この調査の結果「経済産業省による不当な株主への圧力はなかった」と結論付けている。疑いがもたれたとは言え、その疑いはなかったわけだから、経済産業省は第3者ということになり、第3者の情報を公開することは適当でないと監査委員会は判断した。そこで調査結果は監査委員会には報告されたが、一般には公表されなかった。

これに不満を持ったエフィッシモ側が、再調査を求めた。そしてその賛否を問うために臨時株主総会を求め、そして臨時株主総会で再調査が可決されたのである。そして今回はエフィッシモ側が「連れてきた」(総会に提案して可決されたことをうけ、調査者となった)弁護士たちが調査を行い、その結果を2021年6月上旬に公表した。これは東芝のサーバーにあったメールを網羅的に検索するなどして、さまざまなやり取りを公表したものである。

「2つの報告書」の事実は同じでも結論は正反対?

私に言わせれば、この公表された調査報告書があまりに赤裸々で「脚色」が面白かったために「小説以上だ」と話題になり、有名になった。ここに及んで、東芝側は「経済産業省に迷惑がかかる」と思って、公表を差し控えていた監査委員会による報告書を公表したのである。しかし、こちらは「いまさら」であり、かつ淡々と事実を冷静に記述してあったために、まったく面白くなかった。だから、ほとんど誰も読まないままのような形となった。

私は、この2つの調査報告書を熟読してみて、驚愕した。結論は監査委員会側では「経済産業省による不当な圧力が存在しなかった」。一方、臨時株主総会での決定を受けて提出された調査報告書は「存在した」としており、結論は正反対だったが、書かれている内容は、事実としてはまったく同一であったからだ。

ではなぜ、結論が異なったのか。それは後者の報告書は、結論にいたる重要な箇所について推測が入っているからだろう。AとCという事実からは、AにはBが存在し、BによりCという結果になったとしか考えられない、という形で、Bがあった、つまり圧力があった、という結論としているのである。

興味深いことに、この後者側の弁護士たちは、記者会見を地味に行ったが、記者会見での質問に対する答えは、報告書とはまったく異なり「はっきりしたことは言えない」ということに終始していたのである。

さてこう書いてくると「真相は藪の中」、というのが日本人には好きな結論かもしれない。だが今回の場合は大きく異なり、事実自体ははっきりしている。あまりに克明に書かれているから、事実は動かしようがない。

次ページ問題の「核心」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT