100年前は超のどか!五輪ゴルフ面白すぎる歴史

出場者にそもそも「五輪」という認識がなかった

オリンピックでゴルフ競技が初めて行われたのは、第2回の1900年パリ大会(フランス)。この大会はパリ万国博覧会の付属大会とされ、開閉会式はなく、競技は5カ月ほどにわたって開催された。日本では日清戦争と日露戦争の間という時代だ。

パリ大会のゴルフは男子と女子の個人戦が10月に行われた。会場は、パリ郊外のコンピエンヌGCだった。

女子の優勝者は、アメリカのマーガレット・アボット。彼女は当時、母メアリーと一緒にパリに滞在していて、美術の勉強をしていた。シカゴでゴルフを始めて大会にも参加しており、滞在していたパリで大会があるというので、なかば飛び入りで母と一緒に出場した。9ホール47で回って優勝。母は67で7位に入っている(10人出場)。

オリンピックに出場した認識がなかったアボット

実はアメリカでもアボットの優勝はあまり知られていなかった。アボット自身も「パリで開かれたゴルフの大会で優勝した」という認識で、オリンピックに出たという認識は1955年に亡くなるまでなかったという。

その後の調査で判明し、1996年アトランタ大会(アメリカ)の公式プログラムに金メダリスト(優勝者)として名前がある。アメリカの女子選手の金メダリスト第1号(実際に授与されたのは金メダルではなく磁器のボウル)で、同じオリンピックで同一競技に母子同時出場したのはこのアボット母子しかいないという記録的な快挙でもあった。

ちなみに、当時の女性のゴルフウエアは「ロングスカートとファッショナブルな帽子」だったそうだ。アボットの写真ではないが、1923年の雑誌「ゴルフドム」(JGA所蔵)に当時の女性ゴルファーの写真があった。イメージが湧くだろうか。

「ゴルフドム」1923年6月号に掲載された20世紀初頭の女性ゴルファー(所蔵:JGA)

男子(12人出場)の優勝はアメリカのチャールズ・サンズ。この人はテニスにも出場している。所属していたアメリカのセント・アンドリュースGC(イギリスの世界最古のゴルフ場セント・アンドリュース・リンクスとは別)のホームページによると、テニスのほうはシングルス、ダブルス、混合ダブルスで1回戦敗退だった。

この大会で男子8位に入ったのが、アメリカのアルバート・ランバート。彼は次のオリンピックである1904年セントルイス大会(アメリカ)のゴルフ競技に大きくかかわっていく。ゴルフは2016年リオデジャネイロ大会(ブラジル)で復活したが、その前の最後がセントルイス大会だった。

次ページランバートの実家は「リステリン」を開発
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT