16年で激変!新旧「ドラゴン桜」で見る日本の変化

徹底比較「勉強法は、世相はどう変わった?」

ここが2021⑫「主題歌・挿入歌がジャニーズじゃない」

シーズン1のときには主題歌は「realize」(melody.)でしたが、挿入歌は生徒役だった山下智久さんの「カラフル」でした。

シーズン2では、山下さんのポジションにあたる生徒役をジャニーズ、King&Princeの高橋海人さんが演じるとのことで、ファンの間ではキンプリのどの曲が主題歌になるのか注目されていたのですが……。結果、シーズン2では主題歌も挿入歌もなし、でした。

「後味のよさ」も今の時代ならでは?

ここが2021⑬「カタルシス・ゼロで勧善懲悪」
この連載の記事一覧はこちら

生徒の東大合格、シーズン1は5人受験して3勝2敗。いや、3勝3敗で辞表提出となった桜木先生。生徒たちのほうにも、「ここまでやっても人生うまくいかないよね感」が漂って、カタルシスを生んでいたのですが。シーズン2では、全員合格とはいかなかったものの、落ちたメンバーがとっても爽やかで、後味すっきりでした。

買収劇の勧善懲悪感ともあいまって、誰もが安心して見られる結末となりました。このわかりやすさと後味のよさも、今の時代ならでは、でしょうか。コロナ禍もあってみんな疲れている中、こういうラストはほっとしますし、元気になりますよね。

ここが2021⑭「続編、作る気満々だな」

終わり方が、「スタッフさんたち、続編作る気満々だな」でした。次に会えるのは、何年後でしょうか。そして、その時、今回の生徒役のみなさんはどんな役者さんとして活躍されているでしょうか。それを見る何年か後も楽しみですね。

というわけで、スカッと爽やか。「ドラゴン桜」最終回、放送直後の現場からは以上です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT