中京銀行、異例の「希望退職」で強まる再編気運

人員削減に加えて店舗数の約3割を一気に削減へ

希望退職の募集を発表した中京銀行。筆頭株主は三菱UFJ銀行で約40%を保有する(編集部撮影)

低金利の長期化で金融機関の収益が細る中、いよいよ思い切ったリストラ策に踏み切る銀行が出てきた。愛知県を地盤とする中京銀行は6月7日、希望退職の募集を発表した。

これまでも、多くの銀行が店舗の統廃合に加えて人員削減を打ち出してきた。が、削減といっても定年退職や新規採用の抑制によるもの。銀行業界で希望退職を打ち出すのは異例だ。

中京銀行は2021年2月に発表した中期経営計画(2021年度~2023年度)の中で約3割の店舗削減を打ち出した。また、タブレットの活用やペーパーレス化で事務量を削減するほか、アプリなどの非対面チャネルも強化することで、業務量は約30%減る見通しだ。店舗数の削減については2021年度中に一気に進めることになっており、そのペースは早まっている。

店舗や業務量が削減されれば、当然人員は少なくて済む。2023年度までに従来よりも人員を25~30%減らす計画だ。 今回の希望退職はスリム化の一環で、対象となるのは45歳以上の総合職、一般職は全年齢を対象にしている。今年8月に募集を行うが、具体的な人数は定められていない。一般職で年齢を問わないのは、従来の窓口業務などが確実に減るからだろう。

このタイミングで実施する狙い

ただし、中京銀行が地方銀行の中で特別厳しいというわけではない。20年度の単体純利益は約34億円(前年比約10%増)。経営の効率性を示す指標の1つである経費率(経費÷業務粗利益)は76.5%と地銀平均のやや上の水準だ。

地銀の中には経費率がもっと高いところがあり、思い切ったリストラが必要なところはほかにある。中京銀行は今回の中計で、現状のままでは利益が減り続けるという収益予測を示し、「経営体力のある今だからこそ、抜本的改革を行う」としている。

地銀に待ったなしの構造改革で先手を打ったといえるが、ある銀行関係者は、「中京銀行の構造改革は特異なケース」とみる。そう言われるのは、中京銀行が旧東海銀行系で、現在も三菱UFJ銀行が約40%の株を保有する筆頭株主だからだ。現在の取締役10人のうち5人が東海銀行出身者で占める。

次ページ地銀再編に発展か
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT