大規模接種「大量の空き枠」問題の解決策を考える

74%「年齢枠広げるべき」、一方で若い世代は慎重

ワクチン接種が進むなか、自衛隊が運営する大規模接種センターの大量の「空き枠」をどう活用する?(写真:FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」より)
この記事の画像を見る(6枚)

自衛隊が運営する大規模接種センターで、大量の「空き枠」が生じている。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

大手町の東京会場の予約枠(13日17時現在)では、14~20日で52.0%が、さらに翌週21~27日で87.4%が空いている。背景には、東京23区などでの高齢者接種が順調に進んでいることがあるとされる。

大規模接種センターの空き枠をどう生かすべきか?「「日曜報道 THE PRIME(13日放送)」で視聴者投票(データ放送dボタン使用)を行ったところ

投票総数 3万9,074
年齢枠を広げるべき 74%
特定業種に優先接種 24%
現状のままでよい 2%

番組ゲスト、自民党・ワクチン対策PT座長の鴨下一郎氏は「出来れば年齢を下げるべきで、加えて、必要なエッセンシャルワーカーにも広げる、と。両方やるべきだ」「東京の接種会場は大手町にあるわけで、その近隣で働いている人たちに打っていただくと」「早く打つことを一義的に達成する」などと述べた。

また立憲民主党・副代表の長妻昭氏は「(接種にあたる)看護師や医師が手持ち無沙汰になる可能性が生じかねない。そこで ①64歳以下でも接種券があれば接種する。 ②介護・保育・警察・消防は接種券なしでも接種する。 ③接種券がなくても住民票、運転免許証など身分確認ができればすべての世代に接種する」と述べた。

番組のレギュラーコメンテーター橋下徹氏も「基本的には、行った者に自己管理してもらうのが前提で、1人で5回も6回も打つ人はいないので、政府も、国民を信用して、国民の自己管理に軸足を置いたやり方で、接種枠を目いっぱい使ってもらいたい」と持論を述べた。

橋下徹氏(写真:FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」より)

高齢者接種の開始にあたっては、各自治体が管理する予防接種台帳の記録作業が、接種スピードのボトルネックになる、との懸念もあったが、杞憂に終わった形だ。

次ページ早くも見えてきた? 接種率の「壁」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT