「親子4人家族」におすすめのキャンピングカー4選

人によっては「キッチン不要」と割り切るのも手

おすすめ③
メーカー:バンテック
車種:コルドバンクス
(乗車定員7人、就寝定員5人)
画像提供:バンテック社提供

普段の車とキャンピングカー。2台は持てないから兼用したい。都市部にお住まいの方に多い要望だ。「キャブコン*を普段使いなんて…」という声もよく聞くが、実際、普段使いしている人は結構いる。前回ご紹介したように、フォルムに惑わされているだけで、決して普段使いできないサイズではないのである。

画像提供:バンテック社提供

なにより、居住性を考えれば、やはりキャブコン*に軍配が上がるのだ。

*キャブコン:キャブオーバータイプ(エンジンが運転席の下にあってボンネットがない)の小型トラックに、専用の居室を架装したキャンピングカーのこと。キャブオーバーコンバージョンを略してキャブコンと言う。見た目も中身も、いわば「ザ・キャンピングカー」。

ポイント1 2m×5mの駐車枠に収まるサイズ

日本の道路事情、駐車場事情を考えたら、2×5mに収まるサイズであることは重要だ。バンテック・コルドバンクスはもちろん、この範囲に収まるように設計されている。車高は高いので立体駐車場には向かないが、最小回転半径は4.8m。つまり、ジャパンタクシーよりも小回りが利くのだ(ジャパンタクシーの最小回転半径は5.3m)。

ポイント2 豊富な収納&家庭用エアコンも!

画像:バンテック社提供

バンコンに比べて、圧倒的にスペースに余裕があるのがキャブコンの魅力。コルドバンクスにも収納はたっぷり。居室後部には人気の二段ベッドがあり、家庭用エアコンまでついている。

家庭用エアコンはどんどん進化していて、静音設計であることはもちろん、とにかく消費電力が格段に少なくてすむようになった。夏の厳しさが増す昨今、熱中症対策がより必要な子どものためにも、省電力型の家庭用エアコンは人気の装備だ。

次ページ「けん引免許」不要のトレーラーもアリ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT